かばん関西歌会

kabanwest.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 22日

1月オフライン歌会報告

かばん関西 一月オフライン歌会報告

[参加者]雨宮司 有田里絵 黒路よしひろ(ゲスト) 瀬波麻人(未来) 十谷あとり(日月/玲瓏)

一月二十三日(日)、大阪市中央区のボタン店事務室にて歌会を行いました。お一人当たり二首ずつ作品を持ち寄り、互選・意見交換を行いました。作品を一首ずつご紹介いたします。

・文房具マニアの腐女子友だちと恋バナに花咲かす放課後  黒路よしひろ

・わたくしは笛でなければ梢です風わたるたびうねりとなって  雨宮司

・死ぬということば覚えた幼子にしばし聞かせる心臓の音  有田里絵

・幾重にも張りめぐられし茨にも我が姫君を守る意志あり  瀬波麻人

・バス通りに人影あらず曇り日に頻頻【しくしく】と散るかのししの耳  十谷あとり

歌会初参加の黒路さんも意見発表に積極的に参加して下さり、じっくりと歌を読み解く時間を持つことができました。また、「最近読んで印象に残った本」を披露しあいました。瀬波さんからは末次由紀「ちはやふる」(コミック)、有田さんから鶴田伊津『百年の眠り』(歌集)、雨宮さんは松村由利子『大女伝説』(歌集)、黒路さんは犬養孝・山内英正『犬養孝揮毫の万葉歌碑探訪』、十谷からは東直子『とりつくしま』(小説)と、全員が短歌にまつわる本を紹介しました。さすが!
今回は厳寒期につき、室内で通常の歌会を行いましたが、次回は春のお散歩吟行に出掛けたいと考えております。あたたかくなるのが楽しみです。(十谷あとり 記)
[PR]

by kaban-west | 2011-02-22 09:40 | 歌会報告


<< 3月奈良吟行会報告      1月歌会報告 >>