2011年 07月 31日

7月歌会報告

かばん関西七月歌会 報告

[参加者]雨宮司 有田里絵 黒路よしひろ(ゲスト) 蔦きうい(玲瓏) 十谷あとり(日月)

暑さの続く中、五人の方が七月歌会にご参加下さいました。日常の中の小さな発見が歌を生むことに因んで、今月の兼題を「見つけた」といたしました。詠草は「何かを見つけた歌」と、「見つからなかった歌」に大別されました。部門別に一部をご紹介いたします。

■[見つかった部門]

・子を背負い夕暮れの野を歩んだら「いちばんぼーしーみーつけたー」  雨宮司

童謡の中の一情景のような作品。雰囲気はよいが、上句が説明口調では、下句は台詞でない方がよいのでは、と表現に関して意見が出されました。

・目をとぢて見つけしものは足ながき蜂、のうぜんの花のうちらに  十谷あとり

「のうぜん」は「凌霄」と漢字表記の方がよいのでは、また、語順が逆のため状況がわかりづらいのではとの意見がありました。

■[見つからなかった部門]

・星ふるまで原っぱはえど見つからぬひとのこころを覗くルーペが  蔦きうい

人気の集まった一首。星降る野原と「こころを覗くルーペ」というドラえもんの道具のような小物の組合せがチャーミング。「はえど」は「這えど」と漢字表記にした方がわかりやすいとの評がありました。

・五十回会ってもいまだ見つからずきみのいちばん感じるところ  有田里絵

平淡なことばづかいで、官能的な想像をそそる恋の歌。必ずしも性愛の歌とは限らない、「五十回」という具体的な数字がこの場合ふさわしいかどうか、などの意見が出されました。

・悠君に見つけてもらえないままの隠れん坊もう二十五年だ  黒路よしひろ

人名に存在感がある、シンプルながらかわいらしく、切ない気持ちを呼び起こす、と好意的な読みが集まりました。個人的には手塚治虫の短編『雨降り小僧』を連想しました。

■自由詠

・五百円入れなばすぐに計算しお釣りをくれる自販機の怪  黒路よしひろ

「ただごと歌」のような、まさに日常の中の嘱目から生まれた歌。「怪」と言い切る結句は読者の好みが分かれました。

・君となら1+1は∞【むげんだい】有効期限はこの夏限り  雨宮司

率直な恋歌。上句のイメージの膨らみと下句のシビアさの落差が大きすぎる、ルビを外すと文字面が短く貧弱になる、などの評もありました。「これが女性から男性への歌なら大いに許せるが、男性から女性への歌なら願い下げだ」とは、恋愛の達人蔦氏のコメント。

・折りたたみ傘で出かけるぎりぎりの曇天恋の背景となれ  有田里絵

降りそうで降らない曇天と、ふたりの間の心模様が重ね合わされているのでしょうか。「ぎりぎりの曇天」という表現に独自性がある、結句の命令形が魅力的との意見がありました。  (十谷あとり 記)
[PR]

by kaban-west | 2011-07-31 07:44 | 歌会報告


<< 8月歌会報告      7月オフライン歌会 報告 >>