2012年 05月 07日

4月歌会報告

[平成二十四年四月かばん関西歌会・歌会記]

 今回の兼題は若葉の「若」。この漢字を使っていればどの様な慣用読みでも良しとした。難しかったのか出足は不調だったが、最終的には十名が、題詠十首・自由詠十首、計二十首の詠草を投歌した。また、選歌・コメントには一名増の計十一名が熱い思いを記して下さった。

■参加者
  雨宮司、有田里絵、ガク(ゲスト)、黒路よしひろ(ゲスト)、十谷あとり(日月)、蔦きうい(購読/玲瓏)、冨家弘子(ゲスト)、那由多(選歌のみ)、野埜百合、紀水章生(中部短歌会/塔)、三澤達世

■兼題「若」の部

〈頂上対決〉
 桜咲く薪能にて金色【こんじき】の業ゆらめかす般若の瞳  雨宮司  7点
ひととせをまた旧りぬれば花の下野鯉の鰭は若らかに揺る  十谷あとり  8点
片や実力よりもムラッ気が先に立つへっぽこ歌人・雨宮。片や毎月の如く完成度の高い作品を詠み続ける実力派・十谷氏。ムラッ気が恐ろしい方向に作用し、共に大多数の支持を集める激戦となった。「幽玄だ」「まとまりがある」といつにない高評価の雨宮作品。「格調高い」「目に浮かぶようだ」など、コンスタントに評価を集める十谷作品。互いの作品に加点するという状況の中、双方一歩も引かない展開に。決着をつけたのは、最後に選歌した三澤氏の1点だった。

〈若さって、〉
エッチなるDVDに保存されこのまま若くあれ椎名りく  黒路よしひろ  3点
風邪やねとおずおず諮る若先生が過去をつよがる鰈のタトゥ  蔦きうい  2点
「シタモサバン」若いふたりの遅ごはん「明日も朝番」「お箸ちょうだい」  冨家弘子  1点
人を待つ時間の岸辺 若かつたあの頃ならば駆けだしてゐた  紀水章生  5点
一首目。毎月エロス歌に挑戦している黒路氏。今回は「エッチなる」という言葉に評価が集まった。「俗に過ぎる」との辛い評もあったが、「妙な可笑しさがある」「男の子なら一度は通る道」など、好意的な評が多かった。ちなみに、椎名りくはAV女優らしい。
二首目。「若先生」よりも、「鰈のタトゥ」に衆目の関心が集まった。「蝶の間違いでは」「鰈とは珍しい」との意見が出る中、「若先生」と「タトゥ」とのギャップへの言及も少なからず見られた。
三首目。「シタモサバン」の謎に全員が挑む展開に。「解からない」と頭を抱える者も少なからずいる中、第四句「明日も朝番」を食事しながら話した時の声をそのまま表記したのでは、という見解が優勢に。
四首目。「時間の岸辺」という表現に対し、「既視感がある」「歌のイメージが分散する」という評も見られた一方で、「主題に合っている」「年齢をある程度重ねた者の歌とすると深みがある」など、高評価もあった。

〈表現いろいろ。〉
一昨日も食べたセットのコーヒーをアイスに変えて若夏のカフェ  三澤達世  3点
しんぷから与えれらえたるキスの味死刑若しくは無期懲役  ガク  1点
若王子【にやくわうじ】から銀閣寺肩よせて西田幾多郎思索しし径【みち】  野埜百合  2点
花のあと正しく若葉ひろがりぬ1たす1が4になった日  有田里絵  1点
一首目。「若夏」に高評価が集まるものの、辞書に載っていない点を気にする者もいた。若夏とは沖縄で季節を表す言葉らしい。カタカナの多さへの指摘もあったが、軽い調子に合っていると肯定的に捉えられた。
二首目。「神父」か「新婦」か。どうやらどちらにも掛けているらしい。結婚が死刑宣告だとはまた古風な。「若しくは」は確かに、言われてみるまではなかなか思いつかない用法。
第三首。若王子という地名を使い、哲学者・西田幾多郎ゆかりの哲学の道を導きだす手法はなかなかのもの。……だったが、「思索しし」が文法的に間違っているのが大きな減点対象に。短歌はやはり、ひと言が恐ろしい。
第四首。下句の謎に論点が集中した。はて、「1たす1が4」とは? 事情を知っている者は家族が増える様をある程度容易に想像できたようだが、言語表現は多くの者に伝えられてこそのもの。元のかたちそのままでは、少し伝わりづらいと思う。

■自由詠の部
 自由詠は小党乱立の感があった。比較的評価の高かった詠草を掲載する。敢えて評は載せない。皆様もあれこれ推察してみてほしい。

非対象のセーター一枚畳みかね首をかしげる夫を眺むる  三澤達世  6点
 ※歌会終了後、作者から「非対象」は「非対称」の誤変換だったとの申し出があった。
春の疎林くすぐりながら飛びまがふしじふからお前に話がある  十谷あとり  5点
酸欠の金魚のやうに水滴のつたふガラスの空へ貼りつく  紀水章生  4点
死してなお謀殺説が口の端にノーマ・ジーンの長き夕影  雨宮司  4点
少年が伏目のおくで醸すのはピアノ教師の秘せるきたかぜ  蔦きうい  4点
冷蔵庫に桃の缶詰冷やしあるあなたの好きなわたしの好きな  野埜百合  4点

 今月も盛会だった。詠草を出して下さる皆様の協力があって初めて成立する会なので、こうやって歌会が成立し続けていることには感謝しなければならない。興味を持たれた方は、よろしければ一度参加していただきたい。必ず、何か得るものがあると断言できる。お待ちしています。(雨宮司・記)
[PR]

by kaban-west | 2012-05-07 09:15 | 歌会報告


<< 5月中之島吟行歌会      3月歌会報告 >>