かばん関西歌会

kabanwest.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 20日

5月中之島吟行歌会

♪♪♪ かばん関西五月 中之島吟行歌会記 ♪♪♪

<日時>平成二十四年五月二十日(日曜日)午後一時から午後五時五十五分まで
午後五時までの予定でしたが延長しました。

<場所>地下鉄御堂筋線淀屋橋駅一番出口下に集合 → 中之島周辺散策 → ボタン王子のお店(大阪市中央区)

<出席者>雨宮司、十谷あとり(日月)、黒路よしひろ(ゲスト)、
蔦きうい(購読・玲瓏)、塩谷風月(お店から合流)、三澤達世、有田里絵

四ヶ月ぶりのオフライン歌会が開催されました。
今回は埼玉の三澤さんがご参加下さるとのことで、数週間前から皆わくわくしておりました。
女子三人が合流して淀屋橋に到着すると、既に雨宮さんと黒路さんの姿がありました。
蔦さんもほどなくご登場、ゆるやかに中之島吟行が始まりました。

それでは皆様の歌とともに、散策の様子をお伝えしてまいりましょう。
当日は淡く雲のかかった空模様でした。雨の心配もなく、暑すぎもせず、
紫外線を気にしながら外歩きをする女子にはうってつけの気候でした。

☆紙せつけん透かすがごときとのぐもり裸像の指は空に触れをり  十谷あとり

この歌は「とのぐもり」という言葉の詳細がわからなくても雰囲気の伝わる歌です。
ノスタルジックな「紙せっけん」の儚さとまろやかさは、裸像がおそらくブロンズの女性像であり、
指を空に向けてふわりと(ぴしっとではなく)伸ばしている様子を想像させてくれます。

☆歌なんか詠んでる場合か麗らかに川も仲間もやさしげだから  蔦きうい

実はかばん関西のリアル歌会には初参加だった蔦さん。カメラを首にかけながら歩いておられました。
最初からこの歌の心境でいらしたのでしょう。
手帳とシャープペンシルをしっかり握っていた私が「何も書かないんですか」と質問したら、
「書かない」と一言。
手作りクッキー、やさしいお味でとっても美味しかったです!ごちそうさまでした。

☆気をつけてくれなきゃ困ります僕が迷子になってしまわぬように    黒路よしひろ

道に迷うことがけっこうあるという黒路さんは、歌碑の撮影が趣味でいらっしゃいます。
迷子になりながら集めた写真コレクションは必見です。
「困ります」がコミカルで、「しょうがないわねえ」と連れて行ってあげたくなります。
コーヒーの差し入れありがとうございました!

☆ある程度目をつぶろうと決めたときまるいメガネの広告に合う  有田里絵

中之島図書館の前辺りで、通行人のマダム(オフホワイトのジャケットを着ていた)が
「ある程度目をつぶろう」と言ったのが聞こえた後、たまたま学生アート展の広告が目に入りました。
その二つをつなげて出来た歌です。
何に目をつぶるのか何も書いていないところが良いという意見や、
「合う」は「会う」ではないだろうかという意見が出ました。

☆ばら園のばらの揺れゐるひとところ鋏を使ふ作業着のひと  十谷あとり

大阪市主催のガーデニングに関するイベントがあり、その人出の中を一同歩いていきました。
バラはいちばんの見頃を迎えていました。
こんもりと葉の茂ったあちこちで、手入れをするボランティアさんの姿が見られました。
「ひと」の平仮名のリフレインが、作業する人の手の動きと優しさを思わせます。

☆街川に佇みて想うみなもとの麦の穂波は風に揺れしか  塩谷風月

久方ぶりにお会いできた塩谷さん。メールをいただいていたのに気付かず大変失礼致しました。
大阪の街の真ん中を流れる淀川ですが、もともとは琵琶湖から流れ出た水です。
この歌には、自然の営みの不思議や「あなたはどこから来たの」という素直な感覚があります。
いま実際に淀川の水源を見たらどんな気持ちがするのでしょう。

☆難波橋ライオン像は西阿形【あぎょう】東吽形【うんぎょう】のまま凍りつく  雨宮司

そして一行は難波橋(なにわばし。浪速橋とも)を渡り、オフィス街へと分け入ります。
この歌は橋のたもとで対になって座っている石の獅子像を詠んだ作品です。
結句の「凍りつく」が時間の経過を感じさせます。しかし、あの口に手を入れたくなるのは私くらいでしょうか。

☆自転車は止まっていても主張する「母の介ゴに必要です」か  有田里絵

放置自転車満載の大阪市内。
荷物はほとんど載らない小さな籠がついただけの古い自転車でしたが、
真横に太マジックで直接「撤去しないで下さい。母の介ゴに必要です」と書かれていました。
撤去逃れなのか本当に介護に必要なのか判断できませんでした。

☆難読の地名多くて外国の人に向けたるローマ字を読む  三澤達世

旅先で地名の漢字が読めず、先にローマ字を読んで理解することはよくありますね。
後で三澤さんに伺ったら「道修町(どしょうまち)」のことでした。

☆変わらぬは川面のひかりゆらゆらと変わりたる吾おだやかに見つ  塩谷風月

私が初めて歌会に出席した時も塩谷さんにお会いしました。既に七年前です。
その時も川面は同じように光をたたえていたのでしょう。
川も人も、穏やかに時が過ぎることを願っています。

☆私の身代わりとなり割れたのだ携えてきた草加煎餅   三澤達世

そしてボタン王子のお店に到着しました。
三澤さんがお土産に草加煎餅をご持参下さいました。ごちそうさまでした!
すっきりした歌いぶりで、「割れたのだ」の言い切りの形が高評でした。

早速ばりばりと音を立ててお煎餅をかじり「邪魔しに行く」と言った蔦さんの先には、
戸口に立って推敲に励む黒路さんの姿がありました・・・。

以上のように吟行詠草の選歌と意見交換の後、それぞれ最近良かった本を紹介しました。
一時間近く延長となりましたが、
お店のシンボル、白クマ王子に見送られながら一同心地よくお店を後にしたのでした。
十谷さんには毎回場所をご提供いただき感謝致しております。ありがとうございます。

皆様、長時間お疲れさまでした!今回も発見いっぱいでしたね。
この歌会記でかばん関西の充実度を少しでも皆様にお伝えできれば幸いに存じます。(有田里絵/記)
[PR]

by kaban-west | 2012-05-20 10:25 | 歌会報告


<< 5月歌会報告      4月歌会報告 >>