2012年 12月 01日

11月オフライン歌会 神農さん吟行報告

f0135430_1622932.jpg
かばん関西オフライン歌会 神農さん吟行報告

[参加者]雨宮司 有田里絵 黒路よしひろ(ゲスト) 十谷あとり(日月) 蔦きうい(玲瓏) 福島直広

十一月二十三日(祝)、かばん関西のオフライン歌会を行いました。今回は「神農さん吟行」と題し、大阪市中央区道修町にある少彦名神社の例大祭「神農祭」に参拝、縁日を散策し、その後徒歩五分のボタン店事務所にて吟行詠の歌会を行いました。
道修町【どしょうまち】は、豊臣時代から薬種商が多く集まり、今も製薬会社のビルが建ち並ぶ「薬の町」として知られています。少彦名神社は、日本医薬の祖神=少彦名命と、中国医薬の祖神=神農炎帝を祀る「薬の神様」です。
当日は雨との天気予報でしたが、黒路さん・蔦さんの晴れ男パワーで、傘なしの散策を楽しむことができました。
吟行詠の一部をご紹介いたします。

・ともがらの姿は見えず縁日のフランクフルト頬張りて待つ  黒路よしひろ

・めあごんり呪文唱えてなめてみる昨日のことも溶けてほしいな  有田里絵

・つぶし芋を握り揚げたるほこほこを東京コロッケといふなり うまし  十谷あとり

・整然と並べられてる網の上サザエツボ焼き2ケで千円  福島直広

・少年が狙いすまして銃を撃つ大衆射撃プロかよおまえ  黒路よしひろ

・大林の足場の下のかすていら甘いにおいは明日はもうない  福島直広

〈当日、現地で参加者の胃袋におさまったもの(順不同)=フランクフルト、たこ焼き、唐揚げ、神戸牛串焼き、東京コロッケ、はし巻き、ゼー六アイス、明太子おかき、ゆず茶、骨付き焼肉〉

少彦名神社の参道には薬の歴史の解説があり、市販薬のパッケージが展示されていました。

・細長いビルの谷間を北へ行く少彦名【すくなひこな】が祀られている  雨宮司

・子ども用チュアブル薬の青い箱キティちゃんでも風邪を引くのだ  有田里絵

本殿では神楽が奉納されており、縁起物の神虎(張り子の虎を提げた笹)やお守りが売られていました。どの巫女さんが一番可愛いかをぬかりなくチェックする参加者も。

・笹いかが若い声がしありがとうございましたと鈴の音【ね】がする  雨宮司

・猿ぐつわかませ誘拐あの巫女を土蔵にかこい奴隷になりたい  蔦きうい

今後の関西歌会運営について、また、かばん30周年記念イベントについての話し合いも行いました。

次回のオフライン歌会は二〇一三年二月頃を予定しております。どなたでもご参加いただけますのでお気軽にお問い合せ下さい。(十谷あとり 記)
[PR]

by kaban-west | 2012-12-01 19:54 | 歌会報告


<< 12月歌会報告      11月歌会報告 >>