かばん関西歌会

kabanwest.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 15日

黒門市場吟行記

かばん関西 春の雨黒門市場吟行記
二〇十五年四月五日 於 大阪市中央区日本橋 黒門市場

 桜もそろそろ満開かも、という頃、「お花見吟行でもしたいなあという方、よかったらご参加ください。」というメールがかばん関西MLに流れました。当初の予定は、「当日ドタキャンあり・子連れ恋人連れお友達連れOK・参加者に会えても会えなくてもそれはそれでOK・天保山公園で午後吟行しましょう」というアバウトな内容。
 天候のくずれが懸念された週末、吟行は黒門市場に変更しますというメールが流れて、春雨の午後。日本橋でなんとなく待ち合わせ、自分が異国のひとであるかのような居心地の悪さをやや抱えながら、いろんないい香りのする黒門市場を歩く、食べる、歩く、話す、黙って歌を詠んでみる、待ち合わせる。そして、参加者塩谷さんの案内で、「地下喫茶」とでも呼びたくなるような喫茶店に入り、なんとなく批評会がはじまりました。
 当日参加者は四名。アーケードを歩きながらそれぞれメモしたものを、とにかく歌にして、いきなり批評しあおう!
 最初は、ぱっと見せられたものに反応することの難しさを感じながらの批評会でしたが、とても有意義なものになりました。席に着いたときも歌は出来ておらず、アイスコーヒーを飲みながらメイドカフェの話をしていた方が、ふいに何首もさくさくと歌をつくられたり。
 ゲイバー、メイドカフェ、プロレス、男の子がレゴに夢中になる時期、まじめにかばん関西MLの運営について(本誌会員とかばん関西MLだけに登録している会員が入り混じっているかばん関西。それぞれいろいろな背景があるから、その混沌もおもしろいんですね。また、オンライン参加者が、ありがたいことに最近はほんとうに多くなったので、選歌コメントの編集配信どうするよ、けっこう大変だよ、という話なども)、ワードの文字のズレ、みんながしあわせそうな顔をしている感じを詠みたかった話、うわさ話少々…などが交わされた、不思議な午後でした。
 *
 参加者四名の、それぞれの名言。
「出し切れ!」
「あたしの暴力性が目覚める」
「いっつも否定から入りますよね」
「ホストがある方が好き」
 *
以下、春の雨黒門市場吟行 詠草集より、個人的に好きな歌をそれぞれ二首ずつ選ばせていただきました。

お花見にゆこうよ春の小雨降る商店街のアーチの向こう
ゲイバーでバイトしていた塩ちゃんの過去の話を聞く地下喫茶
黒路よしひろ

ふぐみりん干しいつまでもひとの母おとこはいつの間に育つもの
しわくちゃのモノクロームのスーツゆくアーケード下のホストの乾き
とみいえひろこ

人あまた行きかふ街に空間をかかへて永きピカソビルあり
弘子さんがブリキの鞄に匿しもつ手紙あるいはまぼろしの蝶
十谷あとり

珈琲がいつも濃すぎる黒門の伊吹珈琲名店なれど
濡れながら歩くのは誰のせいでもなくて傘が嫌いなだけ本当に
塩谷風月

記・とみいえひろこ

・・・・・・

黒路さんのホームページでも当日の様子が!
▼黒門市場吟行2015
(関西歌会ブログを離れます)

f0135430_2181786.jpg

[PR]

by kaban-west | 2015-04-15 21:08 | 歌会報告


<< 4月歌会報告      かばん関西歌会へのお問い合わせ >>