かばん関西歌会

kabanwest.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 22日

第50回短歌研究新人賞 最終選考通過作

   口女 ――水をわたる     十谷あとり

クレヨンが紙をはみ出る勢ひに海へ海へと伸びる大阪

四貫島島屋春日出つばくらめ大根一本百円の路地

有限会社山本莫大小玄関の金の成る木の鉢枯れやまず

自転車の沈む河口を渡る鳥口笛のやうに鳴く鳥もゐた

   メリーゴーラウンド

ふりむけばとほざかるのにゆくてにはいつもわたしを待つ母のかほ

父は無言に立ち上がりたりわたくしの見えぬところで母を撲つため

さかのぼる曳船いくつ運河にも流れはありぬ見えがたきまで

   安治川トンネル

歩行者の渡れぬ橋のまた一つ掛かりて向かう岸は遠のく

おん あい と口ひらくこそかなしけれ鯔の群れあの中のわたしだ

口女(くちめ)より生るるは口女吾子の唇(くち)にみづかね色のピアスは光る

         (「短歌研究」9月号 全30首より10首掲載)

[PR]

by kaban-west | 2007-08-22 09:39 | こんなところに出ました


<< 第50回短歌研究新人賞 佳作      7月歌会報告 >>