<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 30日

8月歌会報告

[かばん関西歌会 二〇〇六年八月 オンライン歌会]

【参加者】雨宮司、有田里絵、笹井宏之(購読)、十谷あとり
(日月・玲瓏、司会進行)、山下りん(ゲスト)、棉くみこ

八月の歌会はMLを利用したオンライン歌会。
題詠は夏にちなんで「動物園/水族館」。皆さんそれぞれ思い入れがあるようで、印象深い歌が多かった。

☆題詠「動物園/水族館」より

・最前列でイルカのショーをよう見やんぼくの弱気を「好きや」と言うな  十谷あとり(4票)

 関西弁で詠まれた微妙に屈折した心理に好感を覚える評が集まる。一方で、関西弁を抑え気味にした方がいいとの意見もあった。

・やわらかにひらいてむすぶ手を取りて餌を食むラクダの足に近づく  棉くみこ(3票)

・もう一度キリンがいいと言ったのは見上げる君を見ていないから  有田里絵(3票)

・ヤマアラシにもアルマジロにもなる自らを飼い慣らしゆく檻の増えつつ  山下りん(2票)

・頼むからブルーライトはよしてくれ虹色のクラゲを観たいんだ俺は  雨宮司 (2票)

・閉園後、動物慰霊碑のまえで食費を握る老飼育員  笹井宏之(1票)

 一首目、動詞の多さを指摘する声もあったが、恋人や子供と一緒にラクダを観ているとする好意的な意見が多かった。
二首目、素直な詠みぶりに全員好感を持つ。作者によれば、自身の背が高いので、上を見ている人が気になるとのこと。
三首目、ヤマアラシとアルマジロとの対比を面白がる者と、どちらも防御という面では同じだという者に意見が分かれる。作者によれば攻撃的防御と守備的防御ぐらいに考えていたとのこと。
四首目、進歩するテクノロジーと人の夢の象徴と捉える意見もあったが、作者によれば実景から生じた感情を詠んだとのこと。
五首目、一連として読みたい、また、悲しみや憤りを感じるとの意見があった。作者は、戦時中に餓死させられた象の話を詠んだという。しばし黙祷。

☆自由詠より

・コーヒーにあたためられた喉からの声で隣の人があたたまる  笹井宏之(4票)

 季節外れではあるが、密接な関係の人ではなく隣人にあたたかみが伝わる、という点に好感を得た意見が集まった。反復も必然的で、技術的にもしっかりしている。

・(じじ)蝉が(じじ)死にきれず転がって(じじ)足元でばたついて(じじ)  雨宮司 (3票)

・一面の向日葵畑に拾われて笑顔100本ノックしてみる 山下りん(2票)

・走る吾の視界にせり出す時計屋の時計があらぬ時間を示す  棉くみこ(2票)

・残らんもんはみんなきれいね砂浜のあしあとにできる薄い影とか  十谷あとり(2票)

・ざらついた踝ばかり見てしまう心弱い日描く白船  有田里絵(1票)

 一首目、(じじ)の位置や表記に好意的な評が集まる。作者はノイズ感覚を入れてみたかったとのこと。
二首目、底抜けの明るさに惹かれるという意見がある一方、向日葵と笑顔と一〇〇本ノックとのつながりがはっきりせずにグロテスクさを覚えるという意見もあった。作者は向日葵に負けない笑顔を生みだしたかったと語る。
三首目、急いでいる時に景色の一部が視界に飛びこんでくる感覚が上手く捉えられているという、説得力のある評が出される。一方で、「あらぬ時間」とはいかなる時間かという質問も出された。
四首目、関西弁で徹底してほしいという要望が出される一方、「砂浜のあしあとにできる薄い影」も見逃さない観察眼への評価が集まる。
五首目、上句と下句で意味が重複しているという意見が相次ぐ中、工夫をすればいい歌になるという意見も出る。作者によれば川崎洋氏の詩が念頭にあったという。

 詳細は未定だが、9月は奈良市内での吟行を予定している。オンライン歌会とはまた違った緊張感の中、限られた時間の中で歌を詠む体験は、自分の力量を知る上でもいいものだと思う。  (雨宮司 記)
[PR]

by kaban-west | 2006-08-30 11:16 | 歌会報告