かばん関西歌会

kabanwest.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 30日

10月歌会報告

*かばん関西歌会 二〇〇六年十月 オンライン歌会*

【参加者】雨宮司、有田里絵、大澤美枝子、笹井宏之(購読)、塩谷風月、十谷あとり(日月・玲瓏)、山下りん(ゲスト)、棉くみこ

MLを利用したオンライン歌会。題詠は仲秋の名月にちなんで「月」。得票はばらついて、二点、三点歌が多い結果となりました。

☆題詠「月」

セーターのえりぐり丸く満たしつつうなじの坂は月色を帯ぶ  十谷あとり

欠けているぶぶんの月が廃校の棚に入っているのは秘密 笹井宏之

記念日は立ち待ち月よ白ワイン倒してけんかした日もあった  大澤美枝子

見えぬまま頬を両手で包みたり新月の夜に交わすくちづけ  塩谷風月

群雲の月の光は冴え渡るいよよ華やぐ盗賊の歌   雨宮司

 一首目、首筋の美しさが際立つ、艶のある歌。なんでもないことをすこしだけ異化させた歌い方で、読み手を楽しませる。
二首目、「廃校」と「秘密」が響きあっている。「欠けているぶぶん」に着目し
たところにひかれた、との意見も。
三首目、下句が痛快!「立ち待ち」と「忽ち」が掛けられていて巧い(通常は「立待月」と表記するそう)。
四首目、ロマンチックなシチュエーションが好評。敢えて「くちづけ」と言わな
ければもっと素敵かも、「新月の夜」がなくてもいいかも、と期待感ある注文が多かった。
五首目、盗賊より山賊のイメージ。月夜に、豪快に酒宴をひらく様子が浮かぶ。三句目は「冴え渡り」のほうが流れがいいのでは、との指摘について、作者より「最後まで悩んだが、力強さがあり気に入っている」とのこと。

☆自由詠

ため息がいま飲み干した珈琲の缶に溜まってゆく夜明けまえ 笹井宏之

一歩ずつリセットしよう顔上げて白だけを踏む横断歩道  有田里絵

種火守る小さき種火守るためくべても構わぬ約束の指  山下りん

湧き立つように女子高生ら乗りこみて車両ひと時花束となる 塩谷風月

 一首目、ぴたっとまとまった表現の冴えで、三点歌に。
二首目、「リセットしよう」の元気よさが売り。共感した人が多かった。
三首目、指をくべてもいい、という決心の固さに迫力が宿る。「種火守る小さき種火守る」の反復は、あまり有効でない、呪文のようで効果あり、とに分かれた。
四首目、(実際の女子高生はうるさいで~)とは思うものの、それが疵にはなっていない。「湧き立つように」の比喩が効いていて、明るく受け入れやすい歌となった。

☆解釈されなかった歌おしまいに試みに、「わからない」と言われた歌を提示してみます。

側溝に映る光のつめたさよ『月映【つくはえ】』の文字の右から左  棉くみこ

火星には二つの月があるらしい私も四つの月を持つけど  大澤美枝子

一首目、上句はわかるが、『月映』って何?作者意図は、『月映』という雑誌があり、題字が右から左へ書かれていた違和感を書きたかった。
二首目、「四つの月」について、お一人を除き、肘などの漢字を想像した人が多かった。作者によれば、お子さんとのこと。言われてみれば、たしかに惑星のようで、それが読み手に伝われば楽しい歌になったのではと思う。

*「わからない」と言われることは、改作のヒントである! と常々思っていま
す。その点でも、歌会ってアリガタイです。(棉くみこ記)
[PR]

by kaban-west | 2006-10-30 11:32 | 歌会報告