<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 31日

5月歌会 吟行詠草

f0135430_1739992.jpg
――2008年5月24日 奈良駅近辺にて吟行。戒壇院、奈良公園などを題材に詠む。

雨宮司

淡色の楠の蕾がふくらめば我は夏へとモードを変える

うねうねと小腸のごとくとりとめもなく曲がりゆく小径【こみち】を歩く

気がつけbがぽつりぽつりと降りだした君の言葉が勢いを増す

もういいよ君の涙がまたひとつこぼれたとしてもそのままでいる

冷たいね これから夏に向かっても雨が鎖骨を濡らすとしても

雨の中二人は歩く紫の煙をたとえたなびかせても

鮮やかな過去は幻 今はただこの街の中で暮らしていたい

列車内これから何が起ころうとi-pod shuffle手離さぬ男

俥屋は幌を上げたり下ろしたり気まぐれ雨に天を見据える

戒壇院増長天に踏まれいる邪鬼は双目焦点合わず

黒々と含める墨は固まって広目天は何を書き留む

仏塔と錫杖を手に多聞天何を願って邪鬼を踏みつける

持国天に首を寝違えられたのか足下【そっか】の邪鬼は叫びの形相

黄菖蒲の花が水辺に咲き乱る池の中では睡蓮ねむる

吹く(さわわ)鳴く(ホーホケキョ)投げる(パキョン)古破【や】れ寺の昼のひと時

古民家でアーティチョークが壁際に咲くのを見たり依水園前

天高く仏塔よりも高く咲け民家の庭のアーティチョークよ



有田里絵

曇りでも真っ赤な傘をさしながら歩く女性の靴ひも緑

制服の着こなしもまたそれぞれに脱いで久しき吾にはまばゆし

産むシカを期待しながら奈良公園目を合わせたらつとそらされる

半袖の黄色着た君さきほども見かけたみたい互いにひとり

霊柩車一の鳥居の前を過ぐ足元のアリまだ生きている

奈良道は鹿も豹でもライオンも走り廻ってバスになりゆく

三人の休憩中のバスガイド膝と白い歯見せて過ぎゆく

阿修羅より幼い子らの連れられて興福寺には晴れ間ぞ出づる

無意識に人は左を選ぶとの説思い出し右へと進む



十谷あとり

雨が雨を濡らすのを見た中庭を規矩と占めたる甃のうへ

風に揺るるたかむらの末みてをれば海星【ひとで】のこころに近づかむとす

はらからは心安けく笑まひつつ相似る口に紅を差しをり

遠窓に映りてあれば音もなく回旋はつづくふたりのをどり

公民館の窓に五月の雨は透きソシアルダンスをどるひとかげ

おとこおみな手をとりをどる一室の窓のむかふに青葉のひかり

かのししの角ひとわかれふたわかれメールも書かぬなつかしきひと

天平ホテル大食堂の椀鉢の並びを統【す】ぶる箸立ての箸

はつなつの風きれぎれに運びくる雨、椎の花、街宣のこゑ

[PR]

by kaban-west | 2008-05-31 17:39 | 歌会報告
2008年 05月 30日

「四季」長谷川櫂×笹井宏之

f0135430_8363830.jpg
「四季」  長谷川櫂

  果樹園に風をむすんでいるひとと風をほどいているひとの声   笹井宏之

何であれ果物には人を少しだけ幸せにする力がある。果樹園の風の中から人々の声が聞こえてくるのだ。風を結ぶ、ほどくとは袋掛けをしているところだろうか。その声が喜びの声に聞こえるのはやはり果物の力。作者は二十代半ばの人。

     (2008.5.30 讀賣新聞朝刊2面より)

[PR]

by kaban-west | 2008-05-30 08:33 | こんなところに出ました
2008年 05月 09日

4月歌会報告

◇◆◇二〇〇八年四月かばん関西歌会記◇◆◇

【参加者】雨宮司・有田里絵・石川游(購読)・岩本久美(購読)・笹井宏之(購読・未来)・十谷あとり(日月・玲瓏)・蔦きうい(玲瓏)・山田航

※今回はオンライン歌会。出詠者は八名と、まずまずの盛況ぶりだった。

【兼題の部・「顔」】

季節ネタで来るかと思えば少々意外。個人的には結構苦しんで詠んだ。しかし、これだけ歌詠みが集うと、さすがに多様な詠みっぷり。

〈見立て?派〉

何にでも顔を見いだすこどもゐて便器ハ口ガオホキイと言ふ   十谷あとり

西の空に巨大な顔が浮かんでいて日にいちどだけ目配せをする   笹井宏之

真上から缶コーヒーを眺めればS木主任の青ざめた顔  有田里絵

一首目。今回も十谷マジックは健在。好意的な評が集まった。同時に、「口」がカタカナに埋もれてしまって誤読の恐れがある、との指摘もなされた。
二首目。夕陽に見立てる人も多かったが、実は全体が幻想かもしれないという手のこんだ短歌。「目配せ」しているのが誰か、という点でも意見が割れた。
三首目。具体名を持ってきたのが成功につながっている。「S木主任」は鈴木姓では、という意見もあったが、佐々木姓でも成り立つよねぇ。

〈肉感派〉

立つてられなくなるくらゐしてやるぜ 頬から舌で掻き出す真夏  山田航

本能を直撃してくる笑顔だね黒くつぶらなみどり児の眼は  雨宮司

まなざしのあかるくあれと顔を上ぐ女と並ぶ洗面台に  岩本久美

一首目。暴力的とも感じられる元気の良さ、ほとばしるエロティシズムに賞賛の声が集まった。
二首目。「直撃」が浮いた感じを受けるのを逆手にとっている、実際のみどり児も黒目が目立つとの評価があった。一方で、このままでは「眼」が笑顔だと誤読される恐れがあるとの指摘もなされた。
三首目。自身の中の女性の部分と向き合っている、作中主体は男で女性に気に入られようとしている、など、評価が割れた。

〈芸術派〉

横たはる裸婦像春の日を浴ぶる 顔をつたふは夕べの雨か  石川游
  
ノイシュバンシュタイン城の使われぬ鏡のなかに太宰の顔が  蔦きうい

 一首目。景がはっきりと浮かぶ、と概ね好評。ところで、誰も細かく突っ込まなかったから今確認するけれど、裸婦像はブロンズ像か石像だよね? そうでないと屋外にある必然性が薄れてしまう。
二首目。ありえそうにない取り合わせを緻密に組み立てるのがこの作者の真骨頂。今回も、ドイツの古城と太宰の面影との妙なマッチングに好感が多く寄せられた。

******

これだけ多様な短歌を詠んでくださること、そしてどんなに未熟な短歌に対しても真摯に評を記してくださることに、この場を借りて心から感謝の意を申したい。
最後に自由詠を何首か挙げ、読後の感想を読者の方々に委ねたい。

【自由詠の部】

花冷えの夜にはおったフリースを洗おうとして気付く花びら  有田里絵

残されたゆうぐれ図鑑イリアスの谷に嫁いだ従姉の部屋に  蔦きうい

邪気のなき少女の理想はとめどなく安室奈美恵の小顔を乞へり  石川游

曇天にみる花水木あきらかなあやまち人に糾されながら  十谷あとり
 
交はりはせずとも支へ合つてゐた証明としてふたつの轍  山田航

爪の切りかたが違っているだけで戦争をはじめてしまうのね  笹井宏之

街なかに水色ジャンパーみかけたらそろそろ探してみるか 春色  雨宮司

                    (雨宮司・記)
[PR]

by kaban-west | 2008-05-09 22:06 | 歌会報告