「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 31日

5月歌会報告

かばん関西5月歌会記

かばん関西5月オンライン歌会は、14人が参加の大盛況。兼題の部へ30首、自由詠の部へ12首、合計42首の作品が集まりました。兼題は「魚」「緑」。参加者も増え、フレッシュな新緑を思わせる歌が多数集まりました。

[参加者] 安部暢哉、天昵聰、雨宮司、有田里絵、岩本久美(購読)、十谷あとり(日月/玲瓏)、関川洋平、月下燕(購読)、西井美子(購読)、法橋ひらく、福田貢一(北摂短歌の会)、文屋亮(玲瓏)、山下りん(ゲスト)、山田航

■兼題の部「魚」「緑」

●張られた頬のやうに色づくゆふぞらに魚村晋太郎の青鷺  関川洋平

 「もう二日メールが来ない青鷺をはじめて見たと言つた人から」(魚村晋太郎)が下敷き。魚というお題に魚村晋太郎をもってくるアイデアには「骨太」という声も。

●深海を群れなす魚の灯が通りあとはしずかな廃駅である  雨宮司

 イメージ豊かで美しい歌。電車の明かりを群れなす魚の灯にたとえているという解釈もできるが、幻想的な海底の実景ととりたくなってしまう。

●繭になる/光る魚の群れになる/揺らぐ月まで手をとり昇る  法橋ひらく
 
 スラッシュが分かち書きを意味するのか一行としての修辞なのかで見解が分かれた。流麗なリズムが印象的。

●さかなという抽象画のなか天地のなく漂えるオレンジのひれ  岩本久美

 海の中には天地の区別がないのかもしれないという鋭い考察が。パウル・クレーの絵を思い出すという意見も。

●口中の赤いぽつちを見せに来るSF好きな魚座の恋人  文屋亮

 ある人にとってはチャーミングで、ある人にとってはエロティックだというこの恋人。SF好きで魚座というディテールがキャラクターを掘り下げてくれている。赤いぽつちは口内炎のことか。

●鬱々の日々の裏手に隠し持つ飛魚閣下の大滑空を  西井美子

 「飛魚閣下」という表現が戯画的、漫画チックなインパクトがあると好評。

●非常口の緑の男が永遠に逃げ続けてゐる回廊をゆく  山田航

 暗い精神状態、都市の迷宮を表現しつつも、切れ味あるユーモアという声もあり、多くの票が集まった。

■自由詠の部

●人ごみは嫌いだ似てる背中とか見つけてしまう(まだこんなにも!) 法橋ひらく

 強烈ないらだちを発した歌だが、最後をカッコでしめるユーモアが強い自意識の抑制となっていてうまく詩情を導いている。

●人間は宿命について無力だと低くつぶやくお釈迦さまなり  福田貢一

 仏教思想が色濃くにじんだ一首。啄木調の「なり」という語尾の難しさが指摘された。

●ただ一人元の位置に残されし我はここに二十年前に  安部暢哉

 謎めいた歌。破調にたまらない焦燥感をみるという鋭い意見も。

●会うことも会わないこともできたのにその日はずっと雨がふってた  月下燕

 愛らしく、感傷的な歌。切ない思いを人に伝えたいという姿勢がレトリカルな技巧を超えて伝わってくる。

●甲斐のない彼氏だったと二回目の話聞きおりセンター街に  有田里絵

 雑然とした都会の乾いたガールズトーク。啄木の換骨奪胎とみる説も。

●遠足で弾むホームに励まされ笑って言えたサヨナラサヨナラ 山下りん

 上句が少し整理しきれていないものの胸にくる切ない一首。「サヨナラサヨナラ」は淀川長治からきているのではという説も。

●たんぽぽは白髪になつたら飛ぶんだね爺ちやんももう飛べるんだよね  山田航

 子供の無邪気な言葉を借りて死を仄めかしているところに、一筋縄ではいかない怖さを感じるという声が多くあがり、最多票を獲得。

                                                 (山田航 記)
[PR]

by kaban-west | 2009-05-31 10:04 | 歌会報告
2009年 05月 04日

4月歌会報告

「かばん関西四月歌会 歌会記」

<参加者> 安部暢哉、雨宮司、有田里絵、岩本久美(購読)、十谷あとり(日月/玲瓏)、月下燕(購読)、蔦きうい(玲瓏 選歌のみ)西井美子(ゲスト)、山下りん(ゲスト)、山田航

今月のお題は「鞄」でした。
新しい物事に触れる機会が多い四月、それぞれの思いを詰め込んだ二十首が集まりました。

順不同でおひとり一首ずつ紹介します。

☆道化師の鞄を盗む計画をぺらぺらとミルクまみれの舌は  山田航

ぞくりとするという意見と赤ちゃん・幼児の歌という意見に分かれた。
猫という読みも。
不気味なだけではなくコミカルな味を加えている下の句は魅力的で、高得点歌となった。
ショートストーリー仕立ての連作になりそうで、読み返すたび想像が膨らむ。

☆手品師ふたり手を取りあふて駆け落ちす裏地の紅き鞄の裡へ  十谷あとり

道化師の次は手品師。江戸川乱歩をイメージする人が複数あった。
ファンタジーとマジックの融合で、漢字使いもまさに作者ならではの滑らかさ。
鞄の中へ入って行く動作を表現しているのもさりげないようで個性的。

☆「遊覧ボートあります」とありジッパーで閉められそうな池のほとりに  岩本久美

ジッパーのインパクトに評価が集まった。
遊覧するほどの広さの無い池であろうという読みと、作り物めいた池という読みとがあった。
ありそうとなさそうのバランス感覚とモチーフの使い方が面白い。

☆右肩下がる通学鞄に入り交じる思いは同じ 15の君も   山下りん

後半の読みに不透明な点はあるものの、結句と青春の爽やかさが残る歌。
作中主体と鞄の持ち主との関係によっていろいろに読める。今回の出題者。

☆とりあえずキューブバッグで家を出る来ていなければそれだけのこと  有田里絵

たいしたことないのよというドライな読みぶりではあるが、内容はそうではない。
(男性の票をいただいて嬉しかったです。)

☆容疑者が通勤電車でぶちまけた鞄にぎっちり詰め込んだ桜  月下燕

どうも今回はミステリアスな雰囲気の歌が多かった。この歌もそのひとつ。
いったい何の容疑者なのかヒントは無いが、無実を祈っている。
詰め込まれた桜同様に文字がしっかりはめられているという意見があった。

☆バスケットケースにサンドウィッチ入れ今日もゆらりと古寺巡りゆく  雨宮司

さりげない詠み方とのんびり感覚に共感する意見が複数。こんな休日を送りたいものですね。
皆様のゴールデンウィークはいかがでしたか。

☆教室に置いたまんまの君の鞄 もうちょっとだけ残っていよう  西井美子

切ない恋の一幕。現役を過ぎ去ってしまった参加者が多いせいか(申し訳ありません)、
かわいいという声が多数。
歌でなら何歳になっても詠めるのに、なかなかできないものである。

以下、自由詠をいくつかご紹介します。

☆木に凭れ目を閉ぢてゐるしばらくを花は揺れをり前髪のごと  十谷あとり

☆チューリップを歌うくちびる懐かしく昔ながらの真っ赤を植える   山下りん

☆後ろから「待つて」と君にマフラーを引つ張られつい新雪を踏む   山田航

☆陽春のコーヒーショップの陽だまりに我探す君が言うおもしろき味   安部暢哉

新参加者の方もいらして、フレッシュな歌会になりました。今年度も新鮮な風を楽しんで参りましょう。

(有田里絵/記)
[PR]

by kaban-west | 2009-05-04 22:25 | 歌会報告