「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 13日

5月歌会報告

♪♪♪  かばん関西五月歌会記  ♪♪♪

今月のお題は、気持ちよく空を泳ぐ鯉のぼりにちなんで「のぼる」。
この兼題に十五首、自由詠に十首の歌が集まりました。
選歌は詠草提出時よりお二人増えて、とても読み応えのあるコメント集になりました。

<参加者>雨宮司、黒路よしひろ(ゲスト)、十谷あとり(日月/玲瓏、選歌のみ)、
蔦きうい(玲瓏、選歌のみ)、野埜百合、三澤達世、有田里絵

では、兼題の部からご紹介します。

☆一斉に「上り下りの舟人が」しらべを何に例うべきかな   雨宮司

滝廉太郎作曲の『花』を元にした歌。歌意がつかみにくいので意見は分かれたが、
歌詞の通り「眺めを何に」ではなく「調べを何に」としているので、
作者がこの歌を聴いていると読む意見が正解だろうか。
特別な固有名詞がなくてもしっかり春の歌になっている。

☆大人への階段のぼりゆく人のふくらはぎ染む初夏の日射しよ    有田里絵

「ふくらはぎ」以外はありきたりな言葉であるという指摘が多かったが、
全体の調和を評価する意見が目立った。私自身もあっさりしすぎたと感じている。
実景は、小学校高学年の女の子がデニムショートパンツで駅の階段をのぼっていった場面。
曇りの日だったので日射しはなかったが、成長期の脚がきれいだったので詠んだ。

☆ながむしとらいさま怖しと語る婆斜面を登りぜんまいを摘む   三澤達世

今回の最高得点歌。「ながむし」は蛇で「らいさま」は雷。
ぐるぐるまいたゼンマイは、蛇のとぐろにも雷太鼓の渦巻きにも通じる。
日本昔話のような雰囲気と表記を揃えた面白さに高評が集まった。
ばさばさした白髪で皺深い手にゼンマイを握りしめたお婆さんが山にいたら、
それがいちばん怖いかもしれない。

☆空き缶の転がる音の際立ちて妙にしずかな上りの電車   三澤達世

同じ作者で、電車が好きそうな人たち(だと思う)に人気のあった歌。
的確な描写がなされているのでリアリティーがある。
よくある語、よくある場面でも読み手を惹き付ける歌になりうるという好例。

☆学歴といふ山のぼり頂上にたちてここからスタートとしる    野埜百合 

語句の重複や結句のまとめ方に指摘はあったが、すんなり納得できる内容の歌。
誰もが受験勉強や学歴社会といった言葉を思い出すだろう。
頂上なんてあるのかなと思いつつも、のぼれるものならのぼってみたほうが良かったのかな、
などと、今更ながら感じる。ところで我が子にはのぼってほしい?いや、わからない。

☆竹野内豊【たけのうちゆたか】は優【まさ】るモチベーション踏み台昇降はや二月【ふたつき】に   野埜百合

同じ作者の歌。票はなかったもののインパクトがあるので熱いコメントが寄せられた。
歌の主眼は「正統派二枚目俳優に憧れ、長く厳しいダイエットにいそしむ女性(への共感)」だそう。
ああ、もう夏は目前。毎年のことながら冬太り解消を想定していたのに。

☆浮かれたるわれは天まで昇りたり君に告白されてひととき   黒路よしひろ

結局のところ天まで昇っていられたのは「ひととき」だった作中主体に同情してしまう歌。
でも、がくっと膝をつくような可笑しさが漂う。男性の詠んだ歌だとすぐに感じるのは、
こんな迷惑な告白(と言えるのだろうか)をするのは男性を手玉に取るタイプの
女性だけだと思われるからである。・・・と書いている私にも、
身に覚えが全くないとは言えない。ともかくファイト!

続いて自由詠をおひとり一首ずつご紹介しておきます。

☆横浜の古池さんによく似てる便所の壁のシミが気になる   黒路よしひろ

☆指先に発電所あるやもしれず君に触れなば君焦がさまし   野埜百合

☆睡蓮の若い芽吹きが続々と巻物めいた葉を開かせる   雨宮司

☆初めての電気スタンドわれだけの灯りがいつもあるということ    有田里絵

☆色白の少年だった弟に行きつけのスナックがある不思議    三澤達世

歌は、作者の手を離れると自由に泳いでいってしまいます。
読み手は勝手に深読みすることもしばしばですが、それはそれで楽しいものです。
これからも自由に歌をつないでまいりましょう。(有田里絵/記)
[PR]

by kaban-west | 2011-06-13 09:14 | 歌会報告
2011年 06月 12日

4月歌会報告

かばん関西四月歌会記

【参加者】雨宮司、有田里絵、黒路よしひろ(ゲスト)、十谷あとり
(日月/玲瓏)、野埜百合(ゲスト)、三澤達世

今回の兼題は「お買いもの」。十七首をお寄せいただきました。過
去へ、内面へ、宇宙へ、各人広がりを見せました。

ティファニーのオープンハート・ビーンズを買ったバブルの女子大生みな 野埜百合

コメントが熱かった歌。バブル期の女子大生の共通の持ち物として、ティファニーのオープンハート・ビーンズというブランド品を提示した一首。バブルを表すアイテムとしては成功しているが、
女子大生が皆ブランド品と持っていたわけではなく、「オタクの男性」「大阪のオバチャン」といったくくりのように、反発したくなる読者もでてくるのではないか、という指摘がありました。そもそも、オープンハート・ビーンズの記号がストレートに通じない方も。

革命に必要なもの買いにゆく明日は革命起こる気がして 黒路よしひろ

革命という言葉をつかっているのに、なんだかふわふわした不思議な雰囲気です。その不思議さゆえでしょうか、男女で読みが分かれました。「バズーカ」「ロケット弾」のように具体物を持ってくれば、下句の革命が衝撃的に迎えられるのでは、という男子案。いや、作中主体は革命が「起こる気がする」程度で、実現を熱望しているわけではない、という女子案。やわらかな政治批判もありました。

雨の日の天地書房にひとけなく竹久夢二の絵湿りをり 十谷あとり
セロファンの色なき光花店の花に触れたり風の止み間に

一首目、高得点歌。シンプルな情景描写でありながら、響いてくる歌です。雨の日・天地・湿り、という縁語の並びが美しい、夢二の筆致と湿っぽさは似つかわしいががややつきすぎでは、と賛
否ありました。御題で書店を連想するのはさすが歌人、という驚きも。二首目、繊細な風景描写です。描写の複雑さに難あり、さりげないのにいちばん心に残った、という意見がありました。

遠い星・地球を買った少年が間もなく現地に降り立つらしい 雨宮司

侵略目的ではなく、少年が地球に下り立ったところできっとなにも変わらない長閑さを感じる方、少年が救世主のように思えるという方、SF的設定に読みが広がりました。いつの間にか買われてしまっていたおかしさ、お小遣いで買われてしまったみたい、とも。「・」を使わなくても内容を伝えられたかもしれない、という表現への指摘もありました。

フリスクを噛みつつやってきた女フリスクをまた箱で購う 三澤達世

フリスクという商品名、その繰り返しから「ボールペンはミツビシがよくミツビシのボールペン買ひに文具店に行く」という奥村晃作の歌を連想された方がありました。「女性」でも「男」でもなく、
おおざっぱに「女」と表現したところがマッチしていてよい、という指摘も。「また」は推敲の余地あり。

はじめてのおつかいなのに折り紙のおさいふ雨に濡れてしまった 有田里絵

細部の嘘をつく際のお手本のような歌であるという意見がある一方、事実か虚構かは歌の善し悪しには関係ないが、事実ではないかという意見がありました。子供の体験と心の揺れを見事に掬い取っています。「折り紙のおさいふ」のかわいらしさ、歌のなかに流れる物語性に評価が集まりました。

続いて自由詠の部です。六首をお寄せいただきました。

来年は桜の下で走ろうね赤ちゃんの手にのせる花びら 有田里絵

高得点歌。健やかなれと願う気持ちが真っ直ぐこころに届く歌です。まだ歩きださない子供に話しかける若い母親の情景でしょうか。外で遊べない被災地の子供たちを連想された方も。多くの桜の歌が、咲いている瞬間や一回性を詠ってきたのに対して、来年という未来の桜をも読者に見せてくれるという指摘も。

クロミチは賢者の石を手に入れて短歌ポイント1アップした 黒路よしひろ

賢者の石といえば、錬金術師の垂涎の的。ポイントが1しかアップしないのは割に合わないし、そもそも短歌ポイントは自分にもよくわからない。自分も短歌が上手くなる賢者の石がほしい。手軽に短
歌がうまくなるアイテムを求める虫の良い願いに、賛否が述べられました。書いた作者が一番楽しんだ歌ではないか、という意見も。

太陽と、愛の讃歌を歌いたい。夜の帳【とばり】を抜けるからこそ 雨宮司

復興への願いを読みとった方が多いのですが、あまりに抽象的、盛り込みすぎという意見も。「擬人化した太陽と(ふたりで)歌う」のか、「太陽と愛を称える賛歌を(ひとりで)歌う」のか、句読点
で句切ってもはっきりしないという指摘を受けた作者から「句読点のある短歌を詠みたかった」と明かされ、改作を届けていただきました。

太陽よ愛の讃歌を歌おうか夜の帳【とばり】を抜けるからこそ

回送の文字を光らせ深更のバスは本気の走りを見せる 三澤達世

高得点歌。乗客を乗せていないことで開放されたバスは、安全を気にせず本気の走りを見せます。「本気の走り」というところが車のコマーシャルの常套句的ながら、この歌の面白さの核になっているが、年配の方にはこの使い方は伝わりにくいかもしれないという指摘もありました。

人様の役にもたたず生きてます臓器提供カードに署名 野埜百合

形としては見えないかもしれないけれど巡り巡って役に立っているのではないか、謙遜しているようなだが意外と居直っているようにも読める、と上句に意見が集まりました。臓器提供という立派な行
為とは正反対のモチーフがないと歌として生きてこないのでは、という意見もありました。

さくらばなみずからはるをよろこびぬ国やぶれてとつぶやいてみる 有田里絵

震災を念頭に置いて読まれた歌。国がやぶれたかのような光景のなか、遺伝子の命ずるままに咲く花を見るとき、勝手な思いでありながら花の美しさに救われたような気がするのも確かです。「みずか
ら」が効いていますが「おのずから」でもよかったかも、ひらがな表記であるがゆえに「みず=水」を連想することが可能であるとも。上句で広がった世界を下句でうまく回収していないように思える、ひらがなの多用が効果的という意見もありました。

   三澤達世記
[PR]

by kaban-west | 2011-06-12 09:14 | 歌会報告