<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 05日

8月歌会報告

[二〇一二年八月・かばん関西オンライン歌会記]

<参加者>
 雨宮司・有田里絵・ガク(ゲスト)・黒路よしひろ(ゲスト)・塩谷風月(レ・パピエ・シアンⅡ)・十谷あとり(日月/選歌のみ)・蔦きうい(玲瓏/購読)・冨家弘子(ゲスト)・内記(選歌のみ)・紀水章生(中部短歌会/塔)・三澤達世

<兼題の部「夢」>

 寝ている時の夢も願望も可。皆さん苦労されたようで、ひと癖もふた癖もある歌が集まった。

  人類の夢を抱えて立ち尽くす寂しからずや太陽の塔  ガク

☆万博の象徴である塔にノスタルジーや寂寥感を感じる者と、岡本太郎の意を汲んで「人類の進歩」に疑義を唱える者とに大分された。思えば万博の時代は判りやすいスローガンが通用した最後の時代だったかもしれない。実は寂しさなど感じず、達観して立ち続けているのではないかという主旨の意見も目立った。

  もうひとつちょうだいと子は寝言いうおおかたアイスもしやたましい  有田里絵

☆高得点歌。連想の飛躍に怖さを感じて票を入れる者、多数。人間は他の生き物の命を頂いているから必然性があるとの意見や、子の願望をそこまで看取してしまう親にシャーマニックな資質を見出す意見もあった。

  形なき夢から覚めれば紺青を残した空に蜩【ひぐらし】が鳴く  雨宮司

☆高得点歌。一連の情景の流れに夕暮れ時の詩情や抒情を感じる者が少なからず存在した。さらには「紺青」から放射性セシウム結合剤としての役割を見出し、全ての語に必然性があると主張する者も。そうだったのか。実は夜明け前の空に静かに響く蜩の音を描写しただけだった。そういう意味で、夢を見た以上の事を記していないという辛口の意見は正鵠を射ている。

  FPは夢を聞かせてくださいとキャッシュフローが赤裸々になる  三澤達世

☆FPはファイナンシャル・プランナーの略称。普段見えないものが見えてしまう怖さがある、金と夢は切り離せない、赤裸々にしないと設計ができないのかという意見があった。以前FPに人生設計を依頼したが、八十歳までのプランは夢とは言えないのではという辛辣な意見も。FPとの略称のみでは読み手に不親切という指摘もあった。

  うちなびく草食系の男子ゆえ夢でも君に襲われている  黒路よしひろ

☆実際には襲う方には回れないだろうから夢で済むならよいという意見、下句でもっとヘンタイ的な面白さが歌われていればいいという意見があった。草食系の男子は襲われ願望の内にかなり激しい欲望を持っているのではないか、というかなり鋭い分析もあった。

  サバンナの夢さめやらぬ合歓のはな麒麟しまうまトムソンガゼル  紀水章生

☆大自然のエロスを感じる、「合歓のはな」が不思議な雰囲気を醸しだしている、合歓の花の風情は夢によく合う、表記の工夫がある、などの肯定的な意見があった。一方、下句で動物の名を列挙するのはやや安易、「さめやらぬ」が言葉として強すぎないか、などの指摘もあった。

  ユア子にも夢あり葡萄色の髪ほどきてザバラ森越ゆといふ  冨家弘子

☆独特の固有名詞に戸惑いながらも、ノスタルジーの存在やイメージの豊かさ、主題の揺るぎなさを肯定的に捉える意見が目立った。一方で、発想の飛びすぎや出典の有無についての確認を求める意見も多かった。

  瓜におうバーに拉致されよもすがらM氏とY氏のチェスの相手を  蔦きうい

☆初句が奇妙さを増している、夢の中の夢の様だ、幻想的だという、独特の味わいを賞賛する意見と、言いさしの歌になっている、固有のイニシャルが短歌の中で生きていない、と技術面での難を指摘する意見とに分かれた。

  あどけなきあの日の笑顔浮かびたり夢と現の狭間の闇に  塩谷風月

☆端整な短歌。誰の笑顔かという点に意見が集中した。成長した我が子、亡くなった我が子、幼馴染みの少女、彼氏、彼女など、多様な見方が為された。「狭間の闇」が強い後悔や喪失感を連想させるという指摘もあった。

<自由詠>

 今回も独創性にあふれた短歌が集まった。その一部を列挙してみる。コメントは入れないから自由な感性で心ゆくまで短歌の世界を味わってほしい。

  いいことは走り去るらし八月の一日にとかげ七匹を見る  有田里絵

  バス揺れて書き込みのあり『夢十夜』文字追ふだけの透明金魚  冨家弘子

  こんなにもか細い糸であったのだメールひとつで千切れた恋は  塩谷風月

  ゆふぐれの水辺にこころをおいてきた 風 そよぎゐる青草、髪も  紀水章生

 兼題に劣らぬ情熱がぶつかり合う場が自由詠。何でもありの中から選歌しなければいけない為、難易度はひょっとすると題詠よりも高いかもしれない。今回も盛会であったことを感謝せねばなるまい。

 今回は内記様が選歌に初挑戦してくださった。新人の参入は、歌会に爽やかな風をもたらしてくれる。我々もまた、初心を忘れないでいたいものだ。
 かばん関西は大道無門を旗印にしている。我こそはと思われたら、いつなりともかばん関西ML係まで御連絡いただきたい。集えば皆、仲間だから。
                                             (雨宮司・記)
[PR]

by kaban-west | 2012-09-05 10:44 | 歌会報告