<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 07日

11月歌会報告

かばん関西二〇一三年十一月歌会記

[参加者]あまねそう、雨宮司、有田里絵、ガク(ゲスト)、紀水章生(中部短歌会/塔)、黒路よしひろ(ゲスト)、サカイミチカ、佐藤元紀、鈴木牛後、蔦きうい(玲瓏)、冨家弘子、福島直広、ふらみらり、文屋亮(玲瓏)、兵站戦線

今回の兼題は、蔦さんのご提案で「“はっ”と思ったこと」。それぞれの「はっ」を踏まえながら読み進めていきたい。

朝ぼらけ鏡のなかに我と似たごま塩頭の老人が見ゆ ガク

老いてゆく自分に対する「はっ」。鏡を見て「はっ」とすることは多くの方にあるのではないだろうか。皺だったり肌荒れだったり、ほうれい線であったり。共感する意見が複数ある中、既視感があり歌としてはもうひとひねり欲しいという意見もあった

あまつそらそらみつやまとの国いちめんあなぬばたまの花鳥風月 佐藤元紀

古語のならびに「はっ」、花鳥風月を愛でる余裕もなくなっている今に対する「はっ」。コメントを寄せた参加者がそれぞれの角度で「はっ」とさせられた一首。定型をややはずしているにも関わらずリズミカルで、ひらがなのやわらかさも好印象だった。枕詞が二つあり、その意味を問う声もあった。

ああそんなところにあなたベランダの花をしづかに照らす三日月 紀水章生

「あなた」イコール「三日月」ととるのか、二句切れと読むのかで解釈に違いがあった。前者であれば弱々しいであろう月の光に「はっ」としたのだろう。後者で読んだ参加者からは「なんちゅうエロス」との意見もあり、概ね肯定的な意見であった。どちらにせよ甘美な一首である。

短冊におかわり自由の朱い文字琥珀に光る甘酢見つめる 福島直広

料理店の一場面に好感を持った参加者が多く、「甘酢の深い琥珀色から、食堂の辿ってきた歴史のようなものも感じられ」るという好意的な意見がある一方で、何に「はっ」としたのかについては見解が分かれた。「朱」と「琥珀」の取り合わせなのか、「甘酢」が「おかわり自由」だと思ってしまったのか、「甘酢」があったことそのものなのか。

月が今どこにあるのかすぐ当てるきみの前世はかぐや姫かも 有田里絵

「月」の在り処をすぐに当ててしまう相手と「かぐや姫」が一致したときに「はっ」としたのだろう。ほほえましさや視点のおもしろさを感じる参加者が多かった一方で、展開がベタではないかという意見もあった。男性が女性に対して詠んだ歌とも読めたが、作者名が分かると親が娘を詠っているとも読める。

ぼんやりと児に乳ふくませてゐるうちに雪は里にも降りてしまひき 文屋亮

今回の兼題の部で最も得票した一首。「降り積もる時間の流れが、雪のしずかな風情と呼応してとてもいい歌だと思います。気付いたら真っ白になっていた、という雪の特徴が、気付いたら大きくなっていた、と思わされる赤ちゃんをも表しているようです」との評がこの一首を的確につかんでいる。気付きとははまさに「はっ」である。

同列の短詩同列の人格嵌めたきこころ鋳型の違ひ 兵站戦線

「同列の短詩」は、歌会に並ぶ短歌を指すのか、短歌と俳句の違いを指すのか、読み手によって解釈が分かれた。自分の心を表すための「鋳型」に違いがあることに「はっ」としたのだろう。より広く見れば、短詩だけではなく、音楽、絵画、散文、心の表現方法は様々。なぜ短歌を選んでいるのかがそれぞれに問われているように思う。

朝靄のなかを歩ける我もまた他者から見れば朧ろなる人 雨宮司

「朝靄の中の朧ろなる人々を見て、他者の視点から眺めた自分自身もまた同じく朧なる存在なのだろうと感じた感性が素敵だ」との評の通り、他者を通して自分を振り返る時に「はっ」とさせられる場面には多くの方が共感できるだろう。「現代の人間関係の希薄さ」を指摘した評もあった。

ああそうか彼が怒った事の由 時間の層の向こう側見て ふらみらり

その時には気づかなかった「彼が怒った」理由。時間がたって、「はっ」と気づいたのだろう。時間の経過を「時間の層」と喩えた点に惹かれた参加者が多かった。初句の「ああそうか」に対して、お題に対してストレート過ぎるという意見と、腑に落ちた感じがあり題意にそぐわないという違う角度からの指摘があった。

亡き父と同じ一癖あると知り月も地球もかすかな楕円 鈴木牛後

自分では気づかない癖。自分の癖に気づいただけでも「はっ」とするのに、ましてや父と同じ。「月」と「地球」を自分と亡父に重ねている点に評価がある一方、上の句と下の句のつながりや、「癖」を「楕円」のゆがみに喩えている部分について分かりにくいとの指摘もあった。三句切れにしてはどうかとの意見も。

死のうかとおもったでしょうかこうやって幼いわたしに添寝して母も、昔 冨家弘子

幼子に添い寝をしつつ、自らが子であったときの母子関係をふりかえり「はっ」としている。それが「死のうかとおもったでしょうか」というやや恐怖感を伴う気づきであったため、より「はっ」としたのだろう。結句の字余りについては、より「はっ」とさせられるという好意的な意見と、効果が分からず整理したほうがよいとの意見に分かれた。

蛍とは棲み家を変えるものらしい水の淵から冬の街へと サカイミチカ

イルミネーションを見て蛍のようだと気づき「はっ」とした作者。一首から喚起される映像の美しさを評価した参加者がいる一方で、蛍は雪のたとえともとれる点や、冬と蛍が結びつきにくいとの意見もあった。「水の淵」と「冬の街」が文字上でも韻の面でも見事な対比になっているのは技ありである

なぜ横に座ってくるの見も知らぬおじさんとぼくペアルック 黒路よしひろ

同じ服を着ているおじさんを見て「はっ」。ましてや隣に座る「はぁ……」。これは確かに嫌だという共感を持った参加者が多かった。結句の字足らずについては「いい意味での間抜けさを感じられてほほえましい」との意見と、「結句の字足らずの投げやり感がちょっとひっかかりました」との意見に分かれた。字余り字足らずについて、参加者が共通して効果的との評をすることが少なく、やはり難しい試みであると思う。

日本史のノートに記す名はどれも覚えなければならぬ死人【ルビ:しにびと】 あまねそう

暗記すべき人名がすべて亡くなった人であることに気づいて「はっ」。視点のおもしろさはあるものの、「そういえばそうだ」というところで止まってしまうところも課題であろう。「死人の名を憶えなければならないという圧迫感」や「覚えたくなくなる」との感想もあった。

眼のなかのなまえ舐めたら甘苦いあなただったの 秋を駆けだす 蔦きうい

スウィートでありかつビターでもある恋に気づいて「はっ」としたのだろうか。スウィートなだけではない恋をしてしまうことについての「はっ」かもしれない。解釈が難しいという評が多くあった。「甘酸っぱい夏の恋ではなく、甘苦い大人の恋のはじまりですね。すてき」との好意的な意見もあった。

今回はお題が難しく詠草提出がギリギリになってしまったとの声も複数聞かれた。歌会記をまとめるにあたり参加者のコメントを読み返してみたが、歌を詠む際にはお題と向き合っているものの、読みになると「何にはっとしたのか」という部分の読みが少ないことに気づいた。題意に沿った読み方をするかあくまで一首独立したものとして読むか。題詠の難しさを様々な面で感じた十一月歌会であった。(あまねそう記)

[PR]

by kaban-west | 2013-12-07 17:43 | 歌会報告
2013年 12月 07日

10月歌会報告

かばん関西二〇一三年十月歌会記

[参加者]あまねそう、雨宮司、有田里絵、ガク(ゲスト)、川村有史、紀水章生(中部短歌会/塔)、黒路よしひろ(ゲスト)、サカイミチカ、佐藤元紀、十谷あとり(日月)、鈴木牛後、蔦きうい(玲瓏)、冨家弘子、福島直広、ふらみらり、文屋亮(玲瓏)、兵站戦線、三澤達世

今回の兼題は「商売」。各人とも毛色の違う作品を繰り出し、視野の広い歌会となりました。

<かたちのないものを売る>

すぐにひらきたくなります あなたから買いたいひとがもう、待ってます 川村有史

ひらくのは、歌集だろうか、魚だろうか、お財布だろうか、それともエロティックな歌なのだろうか。何を購っているのかわからないながらも、丁寧な作りに高評価だった歌。

売るための声と目である愛撫され引き摺り出された恋情もまた 冨家弘子

こちらも芸能人を詠んだものか、それとも大人のエロスなのか、読みが分かれました。大人のエロスと読んだ場合、結句が類型的である感が否めません。

<社会派はむずかしい>

実のとこ何がウリかはわからない消費増税国を売るのか 兵站戦線

歌への直接の批評よりは、個々の考えにコメントが偏りました。そのなかで、初句で、ところの「ろ」が省略されているため、リズムが切れてしまう、意味はとれるが結句が性急である、という冷静な読みも。

<場所の風情>

片隅に春夏冬二升五合【あきないますますはんじょう】の墨書を貼った居酒屋で飲む 雨宮

春夏冬二升五合【あきないますますはんじょう】という語句の面白さや、雰囲気のある居酒屋を描き出した点に評価があつまる一方、結句が物足りないという意見も。

焦がれおうて満たぬさだめの雛と騎士 淀屋の軒に吊るされており 蔦きうい

雛と騎士の取り合わせに違和感を感じる方もいて、豊かなドラマを見出す方もいて。店先のひとこまの切り取り方の妙が光ります。読み込まれた地名も抒情を添えています。

駅そばの出汁と女将の温度にてしばし忘れる外界の白 サカイミチカ

北国の駅のそば屋、温かい湯気、出汁のかおりの描出には評価が集まりました。「女将の温度」が表現を急いだきらいがあり、違和感を抱かせたり、読みを迷わせる結果となりました。「にて」「外界」は説明的であり、ぬくまった雰囲気から遠ざかってしまうのではという指摘も。

<個人商店対決>

佐藤亀商店の戸は開かぬまま日に褪せてゆくビスコの包み あまねそう

時の経過の象徴のように色褪せていくビスコの包みの描写に評価が集まりました。いかにも昭和の個人商店らしい店名は、風情があってよいという方、過剰を感じる方も。

人の声に応へ出で来る榊本豆腐の媼つねに手を拭く 十谷あとり

商売の一場面を活写しています。淡々とした描写ながら、媼の存在感、つめたい小さな手が立ち上がるようです。上句が少し説明しすぎかもしれない、という意見も。

<社会の隅々まで金銭の授受は介在する>

病院の会計待ちの長い列こんなに治りたい人がいる 有田里絵

「治したい」ではなく「治りたい」と表現したところに妙があります。上句の具象と下句の発見と驚きへの流れが自然に結びついています。散文的ではありますが、表現の必然を感じます。

保険売る男の薄き唇に見とれておれば横にゆがめり ふらみらり

立て板に水のように喋る保険屋の話をぼんやり聞いている感じ。見慣れない生き物の顔を見ているような気持ちになっていったのではないか、唇へのフェティッシュやそこはかとないエロス、死を取り扱う職業の不気味さを受け取った方も。「横にゆがんだ」は主語を迷わせるかもしれません。

チケットを売るためではなく弾くことは芸術に殉ずるため、と若きピアニスト 文屋亮

内容以前に破調、語句の整理について意見が集まりました。若い芸術家の気概は感じるが意外性に乏しい、いっそチケットを売るためと韜晦してくれた方がかっこいいとも。

商いの道を愛していた父は最後に自分の記憶を売った 鈴木牛後

認知症の家族を読んだ歌と解釈する読者と、SF的設定として読んだ読者に分かれました。前者の読みであれば、記憶を無くしていく父の姿をこのように描くことで納得しようとする切なさ、人間の業や無残が響きます。


<ザ・職業詠>

っしゃ行こか「ア メ フ テ キャ ピ キャ、チェックヨシ!」七つ道具を携え走る 福島直広

七つ道具がなんだかは具体的にわからないながらも、音の面白さの魅力や臨場感を受け取った方あり、わからないことで疎外されたように感じる方もあり。作者より、消防設備業に必要な道具だという種明かしをしていただきました。

電器屋の美香ちやんはいま空にゐるエアコン取り付け工事の難所 紀水章生

男性の多い仕事場であるエアコン取り付け工事の現場で働く女性を描いた、生き生きとした歌です。「空にゐる」で主体は亡くなっているのかもしれない、高所の表現として大げさではないかという意見もありました。

<売買するのはコンテンツ>

うつそみの身をさらしゆく生業はブログの文字に冬を鬻げり 佐藤元紀

結句は「春を鬻ぐ」のもじりであり、歌に灰色のトーンをもたらしています。ブログに自分の生活を綴り、切り売りするようなあり方に寂しさを感じています。「うつそみの身をさらしゆく生業」を主体の職業として受け取り、読み迷う方も。

楽をしてお金儲けがしたいですたとえば短歌つくって売って 黒路よしひろ

上句に対して配置される下句の内容に驚き、これは歌人というあり方に対する批評であろうかという意見もありましたが、正直笑ってしまった、無理、身も蓋もない本音が心地よい等、歌の内容に素直に寄り添った読みが集まりました。

<天気の良い秋の一日>

黄昏にあくびする猫電柱に夢売りますのかすれた活字 ガク

夢売ります、と猫の取り合わせ、歌に漂う雰囲気が素敵です。売られているものを字義通り夢と考える方、ピンクちらしに変換して受け取る方、豊かな読みを誘いました。夢売ります、の部分に括弧を付けた方が分かりやすいかも、という具体的な指摘も。

移動性気団が運ぶ透明な空気の中で花屋が開く 三澤達世

移動性気団という言葉の選択に評価が集まりました。結句は賛否あり、個々の花屋に対する感情によって読みが変わった感じがします。「空気の中で」は「空気の中に」でいいかもしれない、という具体的な指摘もいただきました。「透明」はつきすぎな感があるかもしれません。

<自由詠の部>

高得点歌を紹介します。

駆け巡る枯野求めて横向きのおまへをつらぬいてゐる御堂筋 佐藤元紀
あれは梅田あれは十三あれは毛馬よるにぐるりと囲まれて橋 冨家弘子
星さがしさまよふ画面にあらはれた遊星歯車機構の図面 紀水章生
ひとりでは悩まず電話してください(ただし職員勤務時間に) サカイミチカ
青空に真白き線が伸びゆくを子は喜べり背をそらして 文屋亮

今回、兼題の歌に返歌ならぬ美しい散文を付けてくださった方もいらっしゃいました。紙面の都合でご紹介できないのが残念です。読んでみたいと思った方は、ぜひ関西MLへご参加ください。

三澤達世記

[PR]

by kaban-west | 2013-12-07 17:40 | 歌会報告
2013年 12月 07日

9月歌会報告

9月かばん関西オンライン歌会記

 

あまねそう、雨宮司、有田里絵、ガク(ゲスト)、紀水章生(中部短歌会/塔)、黒路よしひろ(ゲスト)、サカイミチカ、佐藤元紀、塩谷風月(シアンの会)、十谷あとり(日月)、鈴木牛後、蔦きうい(玲瓏)、冨家弘子、福島直広、ふらみらり、文屋亮(玲瓏)、兵站戦線、三澤達世

 

今月の兼題は「空」。9月の空は夏から秋へ、この時期だからこそのナイスアタックなお題でございます。今回は各々の兼題、自由詠の、より得票数の高かった方の歌をチョイスしてみました。それでは皆さん、詠って下さい♪♪♪

 

兼題の部「空」

 

空想の彼女とふたり朝焼けを見ました僕は泣いていました 黒路よしひろ

 空想の彼女にせつなさを感じる、夕焼けでなく朝焼けなのが良い、応援したくなる等の好意的な意見が多かった。何故泣いていたのか分からないとの指摘もあった。

 

水色と言わずにきみは空色と好きな帽子について話した 有田里絵

空色の帽子なのか、空色と帽子の二つの話題なのかつかみにくいとの意見もあったが、頭にのせる帽子と「空」の結びつきが心地よいと好評だった歌。 こだわりを持つきみを、見守る視線の温かさがよく伝わっている。

 

思ってたより心もち青い空ぼくとおデートしてみませんか 福島直広

上の句の言い回しが面白いとの評価の反面、おデートに「歯切れが悪い、気持ち悪い」や「可愛らしい、憎めない」等、賛否が分かれた。「実際に言った事は有りません」(作者談)断!

 

マグリットの青空の下ふたりとも消えちまふまで愛しあはうぜ 佐藤元紀

 マグリットの描く鮮やかな青空の下、消えてしまうまで愛し合う二人の儚さが美しい、下の句のロックバンドのような雰囲気との組み合わせも歯切れ良く決まっている。

 

屋上のパーキングには「空」とあり空であるゆえ青く光りぬ  あまねそう

青空のすがすがしくすかーんと突き抜けた感じが心地良い。説明的だったり少々理屈っぽいと言う意見もあったが、そのままの情景にも「ああ、そうか。そうなのだ。」と思わずうなずいてしまえる歌だ。

 

掬っても空に消えゆく涙砂指のあわいを抜けすきとおる 兵站戦線

涙砂とは造語だろうか、上質の歌謡曲みたいにずしんとくる言葉だ。涙のこぼし方の描写が美しい、との評価の反面で、陶酔している歌謡曲のよう、もう少しあっさりして良いのでは、との意見や、上の句と下の句が矛盾しているとの指摘もあった。 

 

暗黒の虚空を全て脱ぎ捨ててウルトラマンは地へと降り立つ 雨宮司

暗黒、虚空の意味の重複を指摘されたが、兼題「空」でウルトラマンの登場シーンを詠んだところに個性が感じられる、上の句の「こ」と「す」の連鎖が心地好くあとを引く。

 

空に声突き上げ走り出しそうな私の肩を私がおさえる ふらみらり

声を突き上げる、という表現が目をひく今月のふらみワールド。衝動に駆られる自分とそれをおさえる自分、私の中の二人の自分のせめぎ合いが快感にも思えてしまう。もう字余りだとか気にしないのだ。

 

ラバウルの空から祈る君の子よ星辰無限うらうら育て 蔦きうい

祈っているのは戦死した父親なのか、との読みが多かったが、わが子とは言わず君の子と言う微妙な距離感からか、前々回から続く未亡人と大佐シリーズか、と読む者もいた。下の句に強い愛が感じられる一首だ。

 

空き箱に詰めし書籍を探したれば「ありがとう」とふ手書きの栞 塩谷風月

兼題に対して「空き箱」の発想が新鮮な一首、思いの伝わらなかった恋人なのか、友人かはたまた我が子なのか、話が出来すぎかと言う意見もあったが、妄想でおかわり三杯はいける歌だ。

 

テーブルにはみ出しているクレヨンのそらいろ雨の季節が近い 三澤達世

はみ出したそらいろが何かメッセージのようで、そのそらいろを見て、梅雨の近づきを感じる母親の感性こそが、子供への愛情なのである。お昼寝中の子供は今、空色でなく「そらいろ」の夢を見ているのだ。

 

空いちまいめくれば次に紫のかかった傷が顔を出す 痒い 冨家弘子

 青空からトワイライト、夜に至るまでの過程を一気に詠みあげた美しい一首。結句の「痒い」が独自の境地に達している。「密室のバンドエイド!!それか心の傷をカバーしてる透明の絆創膏??」とはふらみワールド的解釈。

 

くらげくらげ なみに揉まれてかぜに吹かれ遠いお空に消えてゆきます ガク

 ふわふわと空を漂うくらげに違和感はなく、寧ろ儚ささえも感じてしまう。海から空へと飛躍していく展開についていけないとの意見もあった。ここだけの話だが、昔の恋人に「あんたくらげみたいだから」とふられた事から生まれたくらG…ではない、歌だった。

 

自由詠の部

 

ひと月に一度は同じ話してふたりでひとつの暦と暮らす  鈴木牛後

下の句のふたりでひとつの暦と暮らすという表現が、多くの共感集めた。ふたりで同じ時を刻んでいこうという思いにほのぼのとした暖かさが感じられる。ひと月に一度という距離感も二人で築いた間合いなのだろう。

 

横ざまに積まれゆくとき自転車は無数の傷の集積となり  十谷あとり

「横ざま」、「無数の傷の集積」という響きの美しさが高評価を集めた。無表情に撤去作業を進めていく作業員。鉄のぶつかり合う音は、感情を持たぬ自転車の叫びなのだ。

 

蛍火が冷たいなんて思へない狂ふがごとくもつれ飛ぶ夜  紀水章生

錯乱したかのような蛍の乱舞に情念が感じられる、誰もが共感できる一首となった。上の句の表現には、「詠むときに自分の感慨は隠しておいて、写生に徹したい」との意見もあった。

 

新しい仲間も増えて、益々パワーアップしていくかばん関西です、メーリングリストには毎月膨大なコメントが押し寄せてきます。関西在住な必要はありません、まずはメーリングリストへお越しやす、熱い熱いコメントがあなたを待っています。

 

                              (福島直広・記)


[PR]

by kaban-west | 2013-12-07 16:50 | 歌会報告