かばん関西歌会

kabanwest.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 08日

連歌○盛夏から初秋へ・蜻蛉の章の巻

県知事が立つ夏色の始球式  司

  飛び出せ青春若気のいたり  観音

盆休み 帰省ラッシュでゆらりゆらり  真筆

  風船の飛ぶ世界の彼方  貢一

チムチムニーはるか頭上を傘は行き  司

  メリーポピンズ気取りで掃除  里絵

『西遊記』満員の中げんなりし  貢一

  気になる人がなぜオアシスに  きうい

玉とけば芭蕉の招く汝(なれ)も風  あとり

  風鈴聞きしラムネ色の恋  観音

微炭酸に恋してるんだ誰もみな  りん

  有馬の湯へと秀吉も行く  司

長女踏み一つ足りない六瓢箪  観音

  ペットボトルのラベルはがそう  里絵

裏庭の桔梗をいちりん挿にして  きうい

  ひしと抱きしむ信長の妻  貢一

夏の蝶石の仏を越えゆけり  あとり

  誰が置いたか手拭い一本  司

駆け出した子どもの指からなびくリボン  きうい

  あえてビキニの襟元に巻く  里絵

ゆえもなく老子は果てなき海を見て  貢一

  「蛸地蔵まで」「710円」  あとり

フォーチュンたこ焼初彼のため焼いてみる  りん

  味わい深し一茶の俳句  貢一

北京にて翻訳中にブルドーザー  司

  二十歳の彼女ソファに降ろす  里絵

癇症のチワワの眠り妨げて  あとり

  ミキサーのまま冷やすガスパチョ  きうい

遠雷は昨夜【よべ】の怒りの谺かな  朋子

  老子説きたり悠久のタオを  貢一

ポン・ヌフの下をあまたの水流れ  あとり

  黒いパックをゆるゆるはがす  里絵

秋が来て日蓮の命日も近づきて  貢一

  由比ヶ浜には残像の夢  そう
 
ひっそりと砂文字は波さらわれて  りん

  麦藁帽にとおく手を振る  あとり


by kaban-west | 2007-10-08 09:32 | 自由に連歌


<< 新人歌人作品集  十首+エッセイ      9月歌会報告 >>