かばん関西歌会

kabanwest.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 24日

新人歌人作品集  十首+エッセイ

面接行    雨宮司

地元民十一名と異邦人一名のため列車は走る

約束の時間にバスは着けぬから一本早めて散歩をしよう

正装は夏向きといえど蒼天の下では毛皮とほぼ異ならず

街道から工業団地への道は急勾配とS字が続く

歩道埋める葛はつぎつぎ紫の花房立てて微風にそよぐ

面接官はいたって気さくな人である肚(はら)の内など読めたものでない

面接のために準備をしておいた台詞(せりふ)は結局言う機会なく

一時間一本のバスに乗り遅れ一時間弱を緑の中で

鬱蒼と呼ぶには遠い木の下に立派な神社がひとつ鎮座す

蒸し暑さにペットの中身飲み干せば行きどころない汗が流れる



■最近、衝撃を感じた現代短歌

将来は大きな大きな歯車になってにっぽんを動かす夢  穂村弘  「短歌研究」平19・5

最近の穂村の歌を読んでいると、その変貌ぶりに面喰らう人も多いのではなかろうか。意表をつく表現は背後に隠れ、代わりに、高度成長期以降の様子がゆったりとしたユーモアに彩られて詠まれる。正直なところ、このスタンスでノスタルジーが詠まれるとは思っていなかった。掲出歌はそれらの中でも比較的時代の空気が解りやすいものである。

                       (「短歌研究」2007年11月号掲載)


by kaban-west | 2007-10-24 09:15 | こんなところに出ました


<< 10月歌会報告      新人歌人作品集  十首+エッセイ >>