かばん関西歌会

kabanwest.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 07日

3月歌会報告

かばん関西オンライン歌会 二〇一六年三月

【参加者】雨宮司・新井蜜(かばん/塔)・有田里絵・岩崎陸(ゲスト)・うなはら紅(兵站戦線改め・購読)・小野田光・ガク(購読)・黒路よしひろ(ゲスト)・ 佐藤元紀・雀來豆(ゲスト)・十谷あとり(日月)・杉田抱僕(ゲスト)・足田久夢(購読/玲瓏)・土井礼一郎・浜田えみな(購読)・東こころ(かばん/未来)・福島直広・ふらみらり・文屋亮(玲瓏)・ミカヅキカゲリ・村本希理子 (以上出詠者21名)、※選歌のみ: 塩谷風月(未来/レ・パピエ・シアンⅡ)
※所属表記なしは「かばん」正会員。

題詠の二十首(進行役の雨宮さんから出された兼題は「山」)から十二首、自由詠の十八首から九首を取り上げました。

【題詠から】

この先はもう行けないとバス停でするりと逃げた木霊の気配  浜田えみな

バス停が木霊の棲息する山と人間界の境界になっているということなのだろう。バス停という言葉により山の霊的な雰囲気が却って際立つように思える。

春霞卒業式の音がする校歌に出てた山なんだっけ  有田里絵

地域の山や川をよみこむのが校歌の定番だが、地元を離れたり時間が経ったりすると忘れてしまうということなのだろう。「卒業式の音」はこなれていない表現に思えるが、プラスに働いているという評もあった。

はじめつから無かつたみたい あをぞらが隠してしまふ春の恵那山  村本希理子

「あおぞらが隠してしまふ」には複数の人から「分からない」という反応があった。恵那山の青い色が青空にとけ込んで見えなくなってしまうと解すべきなのだろう。「あをぞらが」なのだから春霞と読むのは無理があるだろう。「はじめつから」については賛否両論があった。

せせらぎにとけてゆく雪ちゅるちゅると峠の茶屋で饂飩をすする  福島直広

「ちゅるちゅる」のオノマトペが好評。上句は「ちゅるちゅる」を介して饂飩を導くための序詞的にも働いているが、上句・下句ともにこの歌の情景で、それを「ちゅるちゅる」が繋いでいるのだろう。雪解けの春ののどかな様子がよく表現されている。

心電の波形【はけい】にそそり立つ山に木々を描いてゆく春の指  土井礼一郎

心電図の波形に山を見るという発想が良いと好評な歌。「春の指」については、子供の指、医師の指などの読みが出されたが、実景ではなく、春という季節の指と読むほうが詩情があるのではないか。

わけもなく自転車でゆく山沿いの少女の家を越えて海まで  雀來豆

海や少女から寺山修司や永田和宏の青春の歌が連想される。「わけもなく」の読みがポイントとなる歌であろう。わけもなく海へ行きたいという気持ちの中に、作中主体には明確に意識されていない淡い恋心が隠されているのではないだろうか。

われはあるそらとくもとにうみがよるほしをみているあさがひろがる  岩崎陸

歌意は読み取りにくいが「る」「る」と続くリズムが良い、という意見が多数。一般に「われ=作者」と解釈されるが、この歌の場合、兼題の「山」を考え合わせると「われ=山」であり、山の立場から自然の情景が詠まれた歌なのではないだろうか。

「ただいま!」と叫べば山は「おかえり」と笑う ここには夏だけがある  杉田抱僕

夏に帰省したということだろう。故郷の山に夏だけを純粋に感じているのだ。「ここには夏だけがある」という把握がユニーク。若者らしい爽やかさを感じる。

全山が風に笑っているばかリ芽吹き間近を陽に撫でられて  雨宮司

「全山」という表現に注意が集まった。「すべての山」とも「山全体」とも取れる。春の雰囲気が伝わってくる歌。

厳かに声を響かす役として賢治童話に岩手山はあり  文屋亮

宮澤賢治の童話の中で厳かに裁定を言い渡す役として岩手山が描かれている、ということだろう。現実の岩手山も作者に、あるいは、人々にそのような山として受け止められているのだろう。結句の「は」はない方がいいという意見も出されたが、作者は岩手山が主題であることを示すため承知の上で八音の表現を選んだのだと思う。

きぬぎぬの黒髪山をくしけづる陽に山菅の花粉の粘り  足田久夢

「きぬぎぬの黒髪山」は「後朝の女性の黒髪のような黒髪山」ということか。「黒髪山」の色っぽさと「花粉の粘り」の独特な表現が好評。

神奈備の山は霞に隠れつつ里吹く風にゆれるなの花  ガク

上句と下句の対比がいいと好評。「なの花」の表記にも注意が集まった。

【自由詠から】

太陽に負けてしまった北風が口笛を吹くときの唇  ふらみらり

「太陽に」から「吹くときの」までの「唇」以外全部の表現が唇を描写する比喩表現になっている。好評な歌。出典がイソップ寓話のせいか唇の持ち主は少女かあるいは子どもかという読みが出されたが、いずれにしても純真な存在のように思える。

ゆく川のひとひもろとも流れむとおまへを待つてゐる淀屋橋  佐藤元紀

心中の相手を待っている歌かとの読みが出されたが、「ひとひもろとも流れむ」は、一日を一緒に川の流れのように当てもなく過ごそう、ということではないだろうか。「ゆく川」や「淀屋橋」からしっとりとした情趣が感じられる。

此処に在りて大和は何処【いづく】未通女【をとめ】らが二上山【ふたかみやま】のやうな乳房  黒路よしひろ

二上山はとても良い形の山で、「二上山のやうな乳房」にはリアルな感触が感じられる。不明なのは「此処」とはどこか、「未通女ら」と複数になっているのは何故か等、この歌の背景だ。なお、音数から考えると「乳房」は「ちちふさ」と読ませたいのだろう。

「そんな予感こんな悪寒どんな時間あんな蜜柑」って云ふ呪文。  ミカヅキカゲリ

リズム感と無意味さが良い。楽しく面白い歌だと肯定的に受け容れる読者と疑問を感じる読者とに分かれるようだ。

かなしみは球根としてここにありここにあるからかなしいのです  小野田光

「かなしみは球根としてここにあり」がとても良い。その良さに惹かれた人が多く高得点を集めた。下句は少し弱いという評もあった。

「おもしろい音を拾っておいたのよ」とびはねながら告げるともだち  東こころ

普通に考えると、何らかの音を録音した、と考えられるが、音そのものを手で拾ったような不思議な感覚が生じる。「とびはねながら告げる」という表現からは、このともだちが妖精であるような感じさえ受ける。この歌も好評だった。

ナリユキノジジツカタレバイイジャナイ?マダハイランシモウモイラヘン  うなはら紅

すべてカタカナ表記されているところが面白い。一首として散文的なまとまった意味を捉えようとしなくても良いのではないか。「言葉が浮かんだり消えたりしながら一つの意味へとたどり着くまでの快楽」という評の通り楽しんだらいいのではないだろうか。

窓辺なるホワイト・ゴーストお手上げのかたちに育つ幾年を経て  十谷あとり

「お手上げのかたちに育つ」が好評。「ホワイト・ゴースト」という名前もいい。「結句がややあっさり」との評も。

たこ焼きを食べながらそとをぼんやりと見てゐるうちにみぞれとなりぬ  新井蜜

「そのままを詠っただけの歌」を評価する人と評価しない人とに分かれた。
                    (新井蜜/記)
[PR]

# by kaban-west | 2016-04-07 13:14 | 歌会報告
2016年 03月 09日

うた新聞[弥生作品集]×三澤達世

f0135430_18171199.jpg

Birthday    三澤達世  (かばん)

新緑の匂いににじりよられてもかまわず薄く生きる日もある
いくつもの五月の果てにおとずれた五月たたずむ南改札
盛会となりますようにと書き置いて水の粒子にまみれて森へ
五月には五月のひかり記憶より少し冷たい空気は仕様
パーソナルデータを一行削除する季節の裏に生まれたひとの

(平成28年3月 弥生作品集掲載)
[PR]

# by kaban-west | 2016-03-09 18:17 | こんなところに出ました
2016年 03月 09日

うた新聞[卯月作品集]×十谷あとり

f0135430_18105156.jpg
  水影               十谷あとり (日月)

こころ凪ぐひと日を来たり大阪の小さき店に善哉を待つ
北庭に木多くして枝の間にさむざむしきは川の水影
川を見る子の淋しさをまたひとつ呑みて膨るるラバー・ダックは 
この橋を渡り育つたこどもらの数だけ投げよ折り紙の舟
おほさかをうたてみやことよびたがる みやこはいづれほろびむものを

(平成27年4月 卯月作品集掲載)
[PR]

# by kaban-west | 2016-03-09 18:12 | こんなところに出ました
2016年 03月 06日

如月阿波座歌会報告

かばん関西 如月阿波座歌会

二〇一六年二月二十八日(日) 於 大阪府立江之子島文化芸術総合センター
             
【参加者】雨宮司、有田里絵、泳二(ゲスト)、黒路よしひろ(ゲスト)、塩谷風月(未来/レ・パピエ・シアンⅡ、選歌のみ)、十谷あとり(日月)、杉田抱僕(ゲスト)、とみいえひろこ、浜田えみな(購読)、福島直広、ふらみらり
[詠草のみ参加]新井蜜(かばん/塔)、ガク(購読)、ミカヅキカゲリ

 十谷あとりさんを司会進行役とし、事前に募集した詠草を元に歌会を行いました。当日不参加の方からも詠草を募集し、ひそかに選歌をしていただき、当日参加者の選歌に加える方法を取りました。
かばん関西のオフ会にかかる経費は、企画者が室料やレジュメ代を立て替えてから、当日の参加人数で頭割りして集金し、企画者に精算するという方法でまかなっています。今回はおひとりさま三百五十円でした。毎回どなたかがお菓子を差し入れてくださって、おやつも楽しい歌会です。今回は、チョコクッキー・もみじ饅頭・こんぺいとう・チョコレートでした。
 
 今回の兼題は「茶」。十谷さんの出題です。出題前に「茶」または「菜」のどちらがいいかとのご質問をいただいて有田が即「茶」を選んだのは、きれいな歌もそうでない歌も集まりそうだと考えたからです。歌会案内から締切までは二週間。十三首の作品が集まりました。

いやなひと 紅茶カップのふちの熱冷めずにきょうの夕暮れとなる  とみいえひろこ
「いやなひと」と作中主体との関係がいくつか想像でき、男女の歌とも女性同士であるとも読める。男女であれば「もう、嫌な人ね」というだけで実際は好きなのではないかという意見や、赤の他人で本当に嫌な人という読みもあった。また「熱」について、目の前の紅茶カップではなく一緒にいたときの熱が残っているという読みに惹かれた。歌の中を流れる時間と現実にある物のもつ時間との間にズレを感じるが作者も意図していたかもしれない。

ぶり返す発作みたいな悔しさの今日のスイッチ紅茶だったよ  ふらみらり
「みたいな」はどうしても舌足らずな印象で甘さが出てしまうが、共感を誘った歌。心の内に抱えている地雷のようなもののスイッチが今日はどれなのか、後からわかるという怖さ、切なさ。それでも日々がいとおしくなる。様々な歌をご自身の日々にぐいぐい引きつけてビターに読み解くふらみさんは、まちがいなくかばん関西の目玉です。

愛はわれをさいなみしのみ 茶の薫りゆびに残して絣脱ぐひと  新井蜜
一時空けの後で大きく飛躍していて参加者を大いに悩ませた歌。お茶の香りが指に残るためには直接手で触れなければならないだろうという理由から、茶摘の女性が仕事着の絣を脱ぐという意見に半数が賛成した。しかし茶摘の女性と知り合える人は少ないだろう。新井さんは歌集や短歌誌で出会った歌や手法を取り入れることもあるそうで、この歌も何かほかの歌が背景にあるのかもしれない。

異国からはじめ薬と伝わったお茶を想えばとおい心地す  ミカヅキカゲリ
高得点歌。ゆったりした豊かな気持ちでお茶を飲まなければこうは詠めないという意見が複数あった(気が遠くなるという意見には笑いが起こった)。いつでも自販機やコンビニで買えるお茶が、高価な薬だった時代もあったのですね。

訪ねても話すことなどないだけど彼女の煎れるお茶が飲みたい  浜田えみな
この歌も人間関係が何通りか推測される歌。別れた男女であるとか、近所のママ友であるとか。煎茶の「煎」だから日本茶なのだろう。「などないだけど」の部分からもどかしさが伝わる。作者によると、こちらから連絡するほどの接点はないけれど、お茶のおいしさだけは強く印象に残っている女性だという。おそらく彼女は今日も誰かのためにお茶を入れている。

来む春もわれは忘れず「喫茶去」の文字やはらかく書きくれしひと  十谷あとり
手書き文字を思い出して心が和む経験を詠んだ高得点歌。結句は「書いてくれた人」という意味だとわかるが、旧かなで「書きくれる」という動詞が正しいのかどうかが疑問点として挙げられた。五段活用をしてみるとこんがらがってくる。こんなときは、まあ、とにかく、お茶を飲みなさい。

あをによし奈良の町屋の抹茶ぱふえひとり食【は】みをり君待ちかねて  黒路よしひろ
待ちぼうけになりかかっている人が抹茶パフェを一人で食べている様子がありありと浮かんで楽しい。男性が女性を待っていると考えても、その逆でも成り立つが、一人でパフェを注文できる男性の方がおもしろいという声があった。「町家」「抹茶」「待ちかね」の音もリズミカル。そういえば待兼山も思い出される。大阪大学豊中キャンパスは待兼山町にありますね。

赤茶けた水をたたえて長靴はあなたを待っている 夏色の夢  泳二
結句に辿りつくためには読み手が想像力を働かせる必要があるという意見がある一方で、語句それぞれはわかりやすいから全体のイメージを素直に受け止めれば良いのではないかという意見もあった。子どもの長靴だったり、赤錆を伴う仕事をする大人の作業靴だったり。

冷や飯で作った茶漬けは生ぬるくレンジも黙る深夜のキッチン  杉田抱僕
ひとり暮らしの食事風景。黙るのは電子レンジでもあり、作中主体でもある。「生ぬるく」という接続を表す助詞を使うより断定にしたほうがすっきりするのではないかという意見があった。それにしても「お茶漬けっておいしいですよね」と頷き合う参加者のみなさんの表情はあたたかでした。

作り手の今なれば知る吾の骨は茶色いお弁当のたまもの    有田里絵
茶色いお弁当にいやな思い出があったのだろうか、「骨」は心身の真ん中にあるその人の芯を象徴しているという意見があった。前半と後半を比べると語感のバランスのぎこちなさが目立つため、前半をやわらかくするほうがいいという声もあった。

茶の髪ももうすぐ黒く染まる頃春一番が吹き抜けてゆく  ガク
新学期あるいは就職を前に黒髪に戻す学生さんを想像する人が多数。「春一番」で始まりの季節を示すのと同時に、とてもさやわかな気持ちにさせてくれる。離れて暮らす子供へのエールの歌とも読める。「茶の髪も」の「も」は書かれていない何かとの並列を意味していて、それぞれが想像するに任されている。

茶柱がたてば茶パジャマ脱がなくちゃチャンス一番茶番じゃないぞ  福島直広
よくこれだけ「茶」を入れてきたよねえと賞賛された歌。リズムと擬音の名手福島さんの真骨頂でしょう。「ジャ」「ちゃ」「チャ」の韻と「番」の繰り返しも使われており、込み入っているのに短歌として全体の意味が無理なく通っている。「赤パジャマ青パジャマ黄パジャマ」の早口言葉の代わりになりそう。

鼠またネズミの群が地平より尽きることなく近づいてくる  雨宮司
お題に対してたぶん茶色いネズミであろうというところから読みが始まった。漢字とカタカナと両方で表記した意味が不明である、この光景を俯瞰しているならその立ち位置で地平は見えるのだろうかという疑問の声もあった。もっとナンセンスに徹してしまったほうがいいという意見も聞かれた。

 通常の歌会の後、質問コーナーを設けました。
★筆名について、使い始めたのはいつからか(なぜそのタイミングだったのか)、また由来を教えてください。本名の方はなぜ本名のままなのか教えてください。
★横書き主流の現代生活の中で、どうやって最終的に縦書きとなる短歌作品を作り上げているのですか?縦書きにしたときに違和感はありませんか?
★連作を作るためにしていることは何ですか?
 これらの質問について退出時間ぎりぎりまで意見交換ができました。最後に十谷さんから、今回の詠草それぞれに対する返歌集をいただき、閉会としました。すてきなおみやげを手にした参加者は、家路に着いたり、ハンバーガー屋さんに移動したり、それぞれにうるう日前日の夕方を味わいました。
 短歌のことを実際に誰かと話すのは、かばん関西が初めてという方も多いです。人と会うのが苦手な方もたぶん多いのですが、大丈夫です。みなさん笑顔で帰っていかれます。ことばが通じる人に会える歌会を、これからも続けていきたいと思います。  (記/有田里絵)
[PR]

# by kaban-west | 2016-03-06 15:11 | 歌会報告
2016年 02月 06日

1月歌会報告

かばん関西オンライン歌会 二〇一六年一月

【参加者】あまねそう、雨宮司、新井蜜(かばん/塔)、有田里絵、岩井曜、岩崎陸(購読)、泳二(ゲスト)、ガク(講読)、黒路よしひろ(ゲスト)、佐藤元紀、雀來豆(ゲスト)、十谷あとり(日月)、杉田抱僕(ゲスト)、土井礼一郎、とみいえひろこ、浜田えみな(購読)、福島直広、ふらみらり、兵站戦線(購読)、ミカヅキカゲリ、村本希理子(計二十一名)

※所属表記なしは「かばん」正会員。

二〇一六年最初のオンライン歌会。進行のあまねそうさんから出された兼題は、「境界・さかい目」。様々な視点で「境界・さかい目」をとらえた歌が集まった。

月蝕の悲しき夜に妹は羊とともに国境を越ゆ 新井蜜

国境の町まで手をつないで行こうたとえ国境なんてなくても 泳二

信号の向こうがわから校区外 知らない人がたくさん住んでる ふらみらり

まずは国境をテーマにした二首。一首目。月蝕、夜、羊、国境という言葉の繋がりに、幻想的なイメージを感じた人が多数。二首目。国境を自分たちを制限するものとしてとらえ、それをものともしない若さが心地よい。一首目、二首目とも「国境」が本来持つ切実さが感じられないという指摘があり、日本で「国境」を詠むことの難しさを考えさせられる。三首目は国境に比べるとだいぶ身近な校区内/校区外の境界を詠った。「小学校の短歌作ってきなさいという宿題で『作ってきました』みたいな感じ」(福島)という素朴さの中に、世界の多重性への理解や未知のものへの恐れも読み取れる。

天と地の境界線が溶けるとき荘厳なる陽が面【おもて】を上げる 雨宮司

結界に降り立つ神の御名ぞこそ流るゝ沙の果てに住む者 兵站戦線

境界をダイナミックに詠った二首。一首目、初日の出を連想させる雄大な情景に圧倒される。「境界線が溶ける」「陽が面を上げる」という表現にも工夫があり、壮大な世界を支えている。二首目。神々しい、ファンタジーのようという意見が多数。抽象的で歌意が読み取りにくいという意見がある中で、神を暗喩としてとらえ「砂漠の中のオアシス(生きていられる範囲=結界の内側)で生活していて、そこにふらと訪れた生き物(トカゲとか)の命に神を想起する」(杉田)という読みも面白い。

うすらいのレシートを受けとり捨つ ひる ゆえなき僕のしごとの区切り とみいえひろこ

C勤の焼成工程北の窓月の光が稜線描く 福島直広

労働にまつわる境界二首。一首目、高得点歌。コンビニで昼食を買ってレシートを受け取るのが毎日の仕事の区切りになっている様子を詠ったものか。「会社・仕事の時間(あるいは社会の時間と言った方が正確なのか)に自分の生活が規定されていくつまらなさ」(土井)など、労働の合間の些細な違和感が、感情的にならずに淡々と描かれているのが好ましい。二首目、こちらも高得点歌。「C勤」「焼成工程」という言葉の馴染みのなさ、硬質な音の響きが仕事の緊張感を際立たせ、下の句との対比を鮮やかなものにしている。

なぜ夜と朝のあわいを縫うように現われるのか海の記憶が 雀來豆

静寂と喧騒の間に朝顔の蕾ぼそっと開かれてゆく あまねそう

ページから顔を上げればバイク音新聞は落ち明日が今日に 杉田抱僕

日はすでに逢魔が時に傾きて行く人揺らぐ六道の辻 ガク

去年【こぞ】今年ゆくすゑすべてぬばたまの夜すがらまはしてゐるシュレッダー 佐藤元紀

時間の境界五首。一首目。倒置法を効果的に用い、夜と朝の境界に現れる「海の記憶」に読み手を導く。「夜と朝のあわいを縫う」という表現もユニーク。二首目。肝である「ぼそっと」というオノマトペは賛否が分かれたが、ひそやかな感じに魅力を感じた人も多数。「『ぼそっ』かなあ、う~ん、と思って翌日読み返してみたら『ぼそっ』が合ってるような気もしてきた。」(福島)三首目。夜通し読書や仕事に没頭していた人が、新聞配達の音で我に返り、日付が変わったことに気づく。新聞が「落ちる」ところにリアリティを感じる、下の句はやや詰め込み過ぎ、といった意見が見られた。四首目。こちらは昼から夜への境界を詠った一首だが、夕日を受けて揺らぐ人影を六道に迷い込む姿のようにとらえ、この世とあの世の境界にも重ねているのが魅力的。五首目。年越しにシュレッダーをまわすシュールさが好評。「ぬばたまの夜」と「シュレッダー(で裁断された紙)」の黒白の対比も面白い。

「彼氏から借りたみたいなサイズ感」ジェンダーレスなセーター売れる  有田里絵

男女の境界一首。男性の草食化など、実際に男女の境界が曖昧になっていることの表れという読み方がひとつ。一方で、「彼氏から借りた」ことを自慢したい感性はむしろジェンダーを強く意識しているという読み方もあった。

皮膚と皮膚ふれあう場所を国境とみなして僕の血は引き返す 土井礼一郎

名も知らぬ隣人の歯を磨く音で眠りにつける冬の真夜中 岩井曜

ここからは我のエリアと引かれたる姉妹喧嘩の紐が揺れをり 黒路よしひろ

剃刀をかほに圧し当てわたくしのりんかく ちよつとしつかりしなさい 村本希理子

自己と他者との境界四首。一首目。境界を「超える」のではなく「引き返す」ところに意外性、物足りなさを感じた人が多数。しかしそれゆえ、人と人が理解し合う難しさは切実なものとして迫ってくる。二首目。日頃無関心な隣人を身近に感じる、境界が曖昧になる瞬間を詠ったものだが、 防音を心配する声が多かった。三首目、小さな姉妹の微笑ましい情景だが、所有意識や自我の目覚めとも取れるだろう。結句の「紐が揺れをり」がもたらす余韻も心に残る。四首目、高得点歌。剃刀を顔に圧し当てるという日常的な行為を、自分という不確かなものの存在を確かめる行為としてとらえた視点が見事。


ここまでという線までを全力で先のないことしてみたかった 浜田えみな

最後に若さを感じる一首。歌意の読み取りづらさはあるものの、「フロンティア精神に満ちた短歌」(雨宮)、「『全力』でなにかに打ち込むという経験は年を取るほど減ってくるように思えて、たとえ歌の中であってでもそんな感性を持てるこの作者が少し羨ましくもある。」(黒路)という評もあり、新しいことを始めようという年初にふさわしい一首のように思う。

新しいことを始めたいという方は、ぜひかばん関西へ。年齢・性別・職業・居住地不問の自由な集まりです。興味を持たれた方はお気軽にメールでお問い合わせください。

(岩井曜/記)
[PR]

# by kaban-west | 2016-02-06 22:59 | 歌会報告